電車やバスの中で体調が悪くなってしまうと、逃げ場がない。

窓が締め切られていたり、しばらくの間ドアが開いていなかったり......新鮮な空気がなかなか吸えないし、いつでも外に出られるというわけではないのが辛いところだ。

車内での体調不良はつらい...(画像はイメージ)

Jタウンネットの読者・Cさん(仮名、40代男性)はある日、電車で立っていた彼は、急激に体調が悪化するのを感じた。

気持ち悪さに襲われ、視界までもがだんだんと暗くなる。Cさんはいつの間にか、床に座り込む形になっていた。

――そんな時、差し伸べられた手があったという。

Cさんから編集部に寄せられた優しい思い出を、一緒に振り返っていこう。

10歳は年下に見えるのに

15年前の話です。真冬に、1週間の出張から帰宅すべく空港から電車に乗り、ドア付近に立っていました。

しばらくすると、なんとなく腹痛のような気持ち悪さを感じ、だんだん視界が暗くなってきました。これは貧血かと思い、なんとか倒れまいとするもののガクっと座り込んだ形に。

すると、すぐ隣に座っていた学生風の男の子が、私に声をかけてきたのです。

帰りの電車の中で...(画像はイメージ)
「どうしました?大丈夫ですか?」

彼はそう言いながら私のマフラーとネクタイを緩めると、「ここ座ってください」と、私を抱えて自分の席に座らせてくれました。

小さな声でお礼を言うのが精一杯で、座ってからも暑くもないのに汗がダラダラ出てきて、顔もおそらく蒼白だったのだと思います。

その子の降りる駅はどこだったのか...

男の子が、私に向かってこう言いました。

「降りる駅はどこですか?着いたら起こしますのでそれまで寝ててください」

その言葉に甘えて、3つ先の駅を伝えじっと座っていると、だんだん落ち着き、意識もはっきりしてきました。

降りる駅に着くと「着きましたよ、立てますか?」と彼が声をかけてくれ、さらに、出口まで付き添ってくれまたのです。

私よりも10歳は年下に見える子です。自分がその年頃に同じような対応ができたとは思えません。

後からふと思いましたが、その子の降りる駅は本当に、もっと先の駅だったのか......。もしかしたら、気遣って私の降りる駅まで付き添ってくれたのかもしれません。

今頃どうしているかな、きっと健やかな人生を送っているんだろうな。

当時は気の利いたお礼の言葉も言えませんでしたが、たいへんお世話になりました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

体調が悪そうな人に声をかけるのは、勇気がいるもの。それでも手を差し伸べてくれた青年の優しさは、Cさんの胸の中に残り続けている。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

自分を助けてくれた誰かに伝えたい「ありがとう」がある人はぜひその時の話を聞かせてほしい。

いかがだろうか。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、旅行に行った時期・場所、具体的なエピソード(どんなことにほっこりしたのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。