見慣れた存在でも、夜になると途端に不気味に見えたりする......そんな経験、読者の皆さんにも一度くらいはあるだろう。

例えばそう――こんな風に。

ヒェ......(画像はネコランド@NEKOLAND13さんの投稿より)
「昨夜、ビビりの妻が廊下で悲鳴をあげたので見に行ったら納得。」

2024年6月9日、Xユーザーのネコランド(@NEKOLAND13)さんがそんな呟きと共に投稿したのが、先ほどの写真だ。

真っ暗な闇に覆われた廊下の向こう、どこからか差し込む光にぼんやりと照らされたナニモノかが、じっとこちらを見つめている。

ま、まさか幽霊!? ......いや、ちょっと待った。よく見るとあれ......ニャンコじゃない?

「変な声が出た」

Jタウンネット記者が10日、ネコランドさんに当時の状況を改めて聞くと、事が起きたのは8日の夜のこと。

玄関に続く廊下から妻の悲鳴が聞こえたため、ネコランドさんも様子を見に行った。

すると、そこにいたのは......愛猫のラガマフィンの「エマ」(4歳、女の子)。

外の街灯に照らされつつ、廊下に鎮座していたという。

顔が半分見えないのもコワい
「妻と同様に私も変な声を出して驚いてしまいましたね(笑)」(ネコランドさん)

一方のエマさんはというと、驚いているネコランドさんたちを気にすることもなく、この後もしばらく玄関でくつろいでいたそうだ。

場所や光の当たり具合によってすっかり「ホラー」になっていたエマさんに、X上では5万7000のいいねのほか、こんな声が寄せられている。

「これ、夜中に遭遇したら確かにビビる」
「ホラー映画のポスターみたいですね」
「『世にもニャンコな物語』のストーリーテラー猫ちゃん」
「ホラーならぬ、ホニャー」