ホットプレート×野菜レシピ!えのきやなすを使ったおつまみ3選

テーブルに居ながらにして調理ができ、できたてをすぐに味わうことのできる人気のホットプレート料理。今回は、簡単に作れる野菜を使ったおつまみレシピを紹介します。

ホットプレートで作るレシピ3選

●えのきせんべい

水分をしっかり飛ばしてカリカリの食感に

えのきせんべいのレシピ

材料(直径約10cm、20枚分)

えのき:約3袋(300g)

醤油:小さじ1/2

[A]

ごま:大さじ3

塩:ふたつまみ

小麦粉:大さじ4

水:大さじ8

油:適量

作り方

えのきは3cm長さに切って、熱湯にくぐらせてからしぼり、ボウルに入れ、醤油をかけて軽く混ぜる。

1とAを混ぜ合わせる。

ホットプレートを保温にし(※)、油をひいて2を直径約10cmに薄くのばす。その上にクッキングペーパーをかぶせ、平らなお皿などで重しをして10分ほど焼く。

3を裏返して同様に重しをして10分ほど焼き、その後クッキングペーパーを外し2〜3分ほどカリカリになるまで焼き上げてでき上がり。

ホットプレートの機種に応じて適温に調節してください。

●なすのチーズ焼き&お好み焼き

2つの味が楽しめる、一口サイズのおつまみ

なすのチーズ焼き&お好み焼きのレシピ

材料(2人分)

なす:3本(約270g)

油:適量

[A]

ツナ缶(フレーク):30g

ピザ用チーズ:30g

[B]

お好み焼きソース:適量

粉かつお:適量

青のり粉:適量

紅しょうが:適量

作り方

なすを1cm厚さの輪切りにする。

ホットプレートを中温に熱して油をひき(※)、1を片面2分ずつ、両面焼く。

ホットプレートを保温にし、2の半量(チーズ焼き用)にAをトッピングして、ふたをする。チーズが溶けたら完成。

2の残り半量(お好み焼き用)に、Bの材料をトッピングし、お好み焼き風に仕上げる。

ホットプレートの機種に応じて適温に調節してください。

●春菊とパプリカのチヂミ

春菊の香りが口の中に広がる彩り豊かなチヂミ

春菊とパプリカのチヂミのレシピ

材料(4人分)

春菊:2株分(葉のみ)

パプリカ:1/4個

長ネギ:1/2本

にんじん:1/3本

合いびき肉:100g

チヂミ粉:200g

水:150ml

卵:1個

ごま油:大さじ1

薬味たれ(酢、醤油、砂糖、刻みネギなどをお好みの割合で混ぜたもの):適量

作り方

春菊、パプリカ、長ネギ、にんじんを食べやすい大きさに切る。

ひき肉と1をホットプレートで炒めて(※)、塩、こしょう(分量外)で軽く味付けしてから取り出す。

ボウルにチヂミ粉、水、卵を入れてダマにならないように混ぜ、2を加えてさらに混ぜ合わせる。

ホットプレートにごま油をひいて中温で温め(※)、3を流し入れる。

表面がきつね色になるまで焼いてでき上がり。食べやすい大きさに切り、薬味たれを付けていただく。

ホットプレートの機種に応じて適温に調節してください。

memo

生地を薄めにのばして、カリッと焼くのがポイント。

最後に

野菜の簡単おつまみをホットプレートで作ってみてください。

ホットプレートで作る野菜入りおやつレシピはコチラ


ホットプレートで作る野菜入りお好み焼き&ピザのレシピはコチラ

[なす]あく抜きや切り方から、焼きなすまで料理の基本

[なす]あく抜きや切り方から、焼きなすまで料理の基本

深みのある鮮やかな皮の色が「茄子紺」と呼ばれるように、日本では昔から親しまれ、地域ごとにさまざまな品種が発達しました。
どんな調味料ともマッチするのは、味にクセがないことと、果肉に細かい空気の隙間があるスポンジ状のため。油や調味料、だしをよく含み、おいしくなります。

最終更新:2021.07.12

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト: 林タロウ
監修:カゴメ
出典:
中野市(えのきせんべい)


JA高知県(なすのチーズ焼き&お好み焼き)


JAなすの(春菊とパプリカのチヂミ)