ほうれん草やさつまいもを使った、子どもと作るスイーツレシピ

定番の野菜を使って、子どもと一緒に楽しみながらスイーツを作ってみませんか?秋から冬に旬を迎える、ほうれん草とさつまいもを使ったレシピをそれぞれ紹介します。

野菜嫌いな子どもでもぱくぱく食べるスイーツレシピ

おいしいだけでなく、色や見た目も印象的なスイーツです。

ほうれん草プリン

鮮やかな緑色がキレイな、豆腐を使ったプリン。ほうれん草を洗ったり、プリン液を器に流し込んだりする作業を子どもと一緒に!   

ほうれん草プリンのレシピ

材料(6個分)   

ほうれん草:2株

絹ごし豆腐:100g

牛乳(プリン用):500ml

はちみつ※:大さじ4

粉ゼラチン:10g

[A]   

牛乳(ミルクソース用):100ml

はちみつ(もしくは砂糖):適量

ほうれん草は洗って柔らかく茹で、3〜4㎝の長さに切る。

フードプロセッサーに1と絹ごし豆腐、牛乳(プリン用)100ml、はちみつを入れて、なめらかになるまで撹拌する。

2と残りの牛乳(プリン用)400mlを鍋に入れて弱火にかけ、一煮立ちしたら火を止めて粉ゼラチンを加えて溶かす。

3のあら熱が取れたらプリン用の器に流し入れ、冷蔵庫で冷やして固める。

小鍋にAを入れて火にかけ、よく混ぜてミルクソースを作り、冷ましておく。

固まった4に5をかけて完成。

注意:はちみつを使用していますので、満1歳未満の乳児には食べさせないでください。   

さつまいもクリームのケーキ カフェ風

さつまいもの自然な甘みが魅力。ボウルに材料を入れるのを、子どもに手伝ってもらいましょう。   

さつまいもクリームのケーキ カフェ風のレシピ

材料(2人分)   

[ケーキ]   

ホットケーキミックス:200g

卵黄:2個分

牛乳:100ml

卵白:2個分

グラニュー糖:大さじ2

サラダ油:少々

[クリーム]   

さつまいもピューレ(皮をむいたさつまいもをやわらかく茹でてつぶす):100g

牛乳:適量

[コーヒーシロップ]※1   

水:大さじ1

グラニュー糖:大さじ1/2

インスタントコーヒー:小さじ1/2

[A] 

生クリーム:100ml

グラニュー糖:小さじ2

ラム酒※2:少々

ボウルに卵黄と牛乳を混ぜ、さらにホットケーキミックスを加えてよく混ぜ合わせる。

別のボウルに卵白を泡立て、グラニュー糖を加えて角が立つまでしっかり泡立てる。

2の1/3量を1に加えてしっかり混ぜたら、残り2/3量を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

フライパンにサラダ油を熱し、3の生地を丸く広げ、蓋をして弱火で焼く。

さつまいもピューレを、なめらかになるまでクリーム用の牛乳でのばし、Aを混ぜたものと合わせる。

コーヒーシロップの材料を混ぜて4に塗り、その上から5を糸状に絞って完成。

1 コーヒーシロップは、省いてもおいしくいただけます。


2 ラム酒は、子どもが食べる場合は省いてください。

子どもにもしも嫌いな野菜がある場合でも、作ることを手伝ったり、スイーツにしたりすることで、きっと食べてくれるはず。野菜を使ったスイーツ作りを、子どもと一緒に楽しんでみてください。

にんじんのパンケーキのレシピはコチラ


かぼちゃプリンのレシピはコチラ

[ほうれん草]上手な茹で方と、日持ちさせる保存方法

[ほうれん草]上手な茹で方と、日持ちさせる保存方法

青菜の王様といわれる、ビタミンと鉄を含む緑黄色野菜の代表格。店頭には一年中並んでいますが、旬は冬。甘みも増して、ビタミンCの含有量 も多くなります。原産地は西アジアで、今では世界中で栽培されています。生食用(サラダ用)のほうれん草はアクが少なく、茹でずに食べられます。

最終更新:2021.06.14

最終更新:
文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:
JA鹿児島県経済連(ほうれん草プリン)


JAなごや(さつまいもクリームのケーキ カフェ風)