[カリフラワーのレシピ]発酵のプロが教える新感覚の漬物サラダ

[カリフラワーのレシピ]発酵のプロが教える新感覚の漬物サラダ

発酵にまつわるエッセーの執筆、レシピ監修、イベント開催まで幅広く活躍する発酵マイスターの田中菜月さんに、酒粕と白味噌などいろいろな発酵食材を使ったカリフラワーのサラダレシピを教えていただきました。

カリフラワーの発酵床漬け

手に入りやすい酒粕や白味噌、ヨーグルトを使った万能漬け床です。カリフラワーに優しいうまみが加わります。

材料(2人分)

カリフラワー:1/2個

<漬け床>

酒粕:50g

白味噌:25g

無糖ヨーグルト:50g

塩小さじ:2

スパイス(ラベンダーなど):お好みで

作り方

カリフラワーが入る大きさの保存容器に漬け床の材料を入れ、混ぜる。

カリフラワーを、食べやすい一口サイズの大きさに切る。

漬け床に2を埋め、冷蔵庫に入れる。
漬け床に切ったカリフラワーを埋めて冷蔵庫に入れる

1日ほどたったら、漬け床からカリフラワーを出し、皿に盛る。

memo

カリフラワーは茹でずに使うので、ビタミンが溶けだすのを防ぎます。

茎も捨てずに、食べやすい大きさにスライスして漬けてみてください。

最後に

カリフラワーを生でまるごと食べる漬け物サラダです。ぜひ味わってみてください。

田中菜月/Natsuki Tanaka

田中菜月/Natsuki Tanaka

発酵家/モデル
2011年体調を崩した時に、りんご酵母と出会う。2012年ファスティングと発酵の資格を取得。2015年発酵と藝術が融合した田中菜月発酵展「醸し醸され〜春うらら〜」開催。同年、発酵食のワークショップ「Natsuki’s HaCcOoo Lab」スタート。東京と名古屋をベースに発酵の根源的魅力を伝え続けている。近年では、絶滅危惧種の発酵食や常滑焼の復興活動の他、CALPIS・LEXUSなどの企業や発酵居酒屋のプロデュースも手掛けている。
ホームページ

/

Instagram

[カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ

[カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ

地中海東部沿岸が原産地といわれるキャベツの仲間で、ビタミンCが豊富 。ブロッコリー同様、花蕾(つぼみ)の部分を食べます。加熱してサラダやスープに加えるなどアレンジしやすいのも人気の秘密。白が定番ですが、カラフルな品種も登場しています。

最終更新:2019.10.30

文・写真:田中菜月
監修:田中菜月、カゴメ


関連記事

VEGEDAYの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る