横浜地方気象台は30日、台風1号に関する気象情報を発表した。神奈川県内では台風が接近する31日未明から昼前にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意するよう呼びかけている。

 気象台によると、台風は31日朝から昼前にかけて、伊豆諸島に最も接近する見込み。神奈川県内では雷を伴った激しい雨が降り、警報級の大雨となる可能性もあるという。

 多い所では1時間に30ミリの激しい雨の恐れがあり、31日夕までの24時間に予想される降水量は80ミリとしている。