神奈川県横須賀市阿部倉の「横須賀しょうぶ園」で、紫や黄色などのハナショウブがまもなく見頃を迎える。同園では6月23日まで「花しょうぶまつり」を開催。期間中、菅笠(すげがさ)に紺がすり姿の職員らが枯れた花を摘み取る姿も見られる。

 同園によると、約7千平方メートルの園内には約400品種約14万株のハナショウブが植栽されている。早咲きの品種から順次咲き始め、5月29日時点の開花状況は2〜3割程度で、6月10日前後にはピークを迎える。