立憲民主党の泉健太代表は22日、岸田文雄首相への退陣要求が高まり「岸田降ろし」が加速している自民党への評価を記者団に問われ、「自民にも岸田政権にもガバナンス(統治能力)は失われている。もう(自民は)政権を担当する力もなく、総理が内閣を続けられる力も急速に失ってきている」と述べ、次期衆院選での政権奪取に改めて意欲を示した。相模原市南区で取材に応じた。

 岸田首相が21日の会見で改正政治資金規正法の検討課題に触れ「政治改革に終わりはない」と発言したことに対し、泉氏は「総理の約束が果たして守られるものなのか。もう既に“岸田降ろし”が始まっている。総理が総理で居続けることすら今、危うくなっている」と突き放した。

 次期衆院選に向けた神奈川県内情勢について「県内では非常に政権交代の機運が盛り上がり、野党に対する期待が高まっている。どの小選挙区でも勝利に向かって一層の努力が必要だ」と述べて党勢拡大に注力する考えを示した。

 泉氏は相模原市南・緑区で党公認予定者の応援に立った。