10月2日(日)パリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)に出走する日本馬のタイトルホルダー、ドウデュース、ディープボンド、ステイフーリッシュの各陣営に、日本のファンから応援フラッグが届けられた。各調教師のコメントは以下の通り。

凱旋門賞枠順決定 ドウデュースは3番ゲートへ

友道師「皆様の応援と共にロンシャンへ向います」

ファンの皆様から届いた応援フラッグに対してのコメント

●タイトルホルダー 栗田徹調教師
「皆様の想いを胸に、レースで最善を尽くせるように馬と共に頑張ります。」

タイトルホルダーの応援フラッグ (C)JRA

●ドウデュース 友道康夫調教師
「ありがとうございます。皆様の応援と共に当日ロンシャンに向かいたいと思います。日本からの応援よろしくお願いします。」

ドウデュースの応援フラッグ (C)JRA

●ディープボンド 大久保龍志調教師
「昨年に続き暖かいメッセージを頂き、嬉しく思います。ディープボンドにもしっかり伝えて、皆さんの期待に応えられたらと思っています。」

ディープボンドの応援フラッグ (C)JRA

●ステイフーリッシュ 矢作芳人調教師
「遠く離れた海外の地だと日本からの応援が普段以上に身に染みます、ありがとうございます。ステイフーリッシュにもしっかりと伝えます。」

ステイフーリッシュの応援フラッグ (C)JRA