6月19日、浦和競馬場で行われた交流G1・さきたま杯(ダ1400m)は、海外遠征帰りのレモンポップが断然人気の人気に応えてG1・4勝目をマークした。2着には兵庫のイグナイターが入った。

さきたま杯、勝利ジョッキーコメント
1着 レモンポップ
坂井瑠星騎手
「(スタートを)五分に切ってくれれば、もう力は上だと思っていました。五分の良いスタートが切れたと思います。この馬のリズムで走ることだけを考えて、ペースはそんなに気にせず走っていました。2番手取れれば1番いいかなと思っていましたが、そんなにポジションもこだわっていなくて、もうハナに行ったらハナでもいいですし、そこまでこだわってはなかったです。日本では本当にまだ底を見せていないですし、日本ではこの馬でまだ負けたことがなかったので、負けないと思ってました。この小回りの1400mも無事にこなしてくれました。(レモンポップの魅力・強さは)やっぱりどんな条件でも国内では負けてないので、負けないところが強いとこだと思います。今日はたくさんお集まりいただきありがとうございます。今回さきたま杯、記念すべきG1になって初めてのレースということで、 レモンポップと勝つことができてすごく嬉しく思いますし、また毎年この舞台に来て勝てるように頑張っていきたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 6月19日、浦和競馬場で行われた11R・さきたま杯(Jpn1・3歳上オープン・ダ1400m)は、坂井瑠星騎乗の1番人気、レモンポップ(牡6・美浦・田中博康)が快勝した。2馬身差の2着に3番人気のイグナイター(牡6・兵庫・新子雅司)、3着に2番人気のシャマル(牡6・栗東・松下武士)が入った。勝ちタイムは1:26.7(重)。

【動画】レモンポップが完勝…交流G1さきたま杯

早め先頭から押し切る

さきたま杯・レモンポップと坂井瑠星騎手 (C)Hiroki Homma

 単勝1.2倍、坂井瑠星騎乗の1番人気、レモンポップが交流G1に昇格して最初のさきたま杯を制した。レースでは勝負どころから早め先頭で強気の展開に。直線でも後方から追い上げたイグナイターを振り切り、2馬身差での完勝だった。

レモンポップ 16戦11勝
(牡6・美浦・田中博康)
父:Lemon Drop Kid
母:Unreachable
母父:Giant’s Causeway
馬主:ゴドルフィン
生産者:Mr. & Mrs. Oliver S. Tait

【全着順】
1着 レモンポップ 坂井瑠星
2着 イグナイター 笹川翼
3着 シャマル 川須栄彦
4着 タガノビューティー 石橋脩
5着 サヨノグローリー 澤田龍哉
6着 ティーズダンク 和田譲治
7着 バスラットレオン 内田博幸
8着 オメガレインボー 吉原寛人
9着 リコーシーウルフ 今野忠成
10着 アマネラクーン 森泰斗
11着 サンライズホーク M.デムーロ
12着 アランバローズ 御神本訓史