マヌエル・ノイアー、CLベシクタシュ戦も欠場濃厚


「再び普通に、シャワーを立って浴びれるようになったんだ。」先週末にファンクラブでの集いにてそう語ったマヌエル・ノイアー。中足の骨折により長期離脱を強いられている守護神にとってこれは1つの進展を意味するのだが、しかしながらいまだ復帰の見通しは立っていない。

当初は1月中の復帰についても伝えられていたものの、だが思うような回復がなかなか見られずに先延ばしという状況となっており、おそらくは2月20日に行われるチャンピオンズリーグのベシクタシュ戦でも、まだオプションとなることはできないだろう。

今年4月に行われたCLレアル戦にて中足を骨折した同選手は、開幕では出遅れたもののブンデス第2節で先発復帰。その後リーグ戦2試合、CL1試合で出場していたものの、ふたたび骨折を抱え離脱が続いているところだ。

レヴァンドフスキ「ドルトムント戦は決戦」


その一方で、水曜の試合では決勝ゴールをマークし、ブンデス得点王争い単独トップに立っているロベルト・レヴァンドフスキ。「ケルンはサッカーをする気がなく、リードされても変わらなかった。だから容易にはいかなかったし、楽しめなかったね」とコメント。「そんなにいい試合ではなかったけど、重要なのは勝ち点3だ」と言葉を続けた。

なお来週には国内カップ戦準々決勝にて、早くもドルトムント戦が控えており、古巣との注目の一戦を前に、同選手は「これは決戦だ。うまく対応していかないと。ドルトムントはマインツ戦で勝利しているし、いい準備をして、勝ち抜けるようにしないとね。全力を尽くして、そしてフィジカルにもプレーできなくては」との考えを示している。


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索