ケルン、ニースから仏U21代表MFコジエッロ獲得


後半戦初戦となった宿敵グラードバッハとのダービーを制し、今季2勝目をマークしたFCケルンだが、火曜日には既報通り仏1部ニースから、ヴァンサン・コジエッロを獲得したことを発表した。移籍金額は330万ユーロで、成果次第で400万ユーロにまで上昇。契約期間は2022年までとなっている。背番号は41。

マネージャーを務めるアルミン・フェー氏は「当初から獲得するなら彼だと決めていた」と明かし、「中盤であれば複数のポジションでプレー可能だ。我々のオプションを増してくれる存在だよ。無事に獲得できてうれしく思う」と喜びをみせた。

一方のコジエッロは、移籍を決断した理由について「当初からケルンはとても熱心に誘ってくれていたし、すぐにいいフィーリングを感じることができたんだ。確かに大きなクラブだし、とてもレベルの高いリーグだ。それでも僕はできるだけ早くプレーできるようになって、チームの成功に貢献できればと思う」と述べている。

2015年にトップチーム昇格を果たした22才のCMFは、170cmと小柄ながらスピードに長けており、中盤ならば前後でプレーすることが可能。これまでニースでは102試合に出場して4得点8アシストをマークし、今季もここまで23試合に出場しているところだったが、しかしながら最近ではファヴレ監督の構想から少し外れた感があったことも、移籍金額が少し抑えられた要因の1つだろう。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索