バルセロナが、ルカ・ヨヴィッチ獲得に向け本腰?


 今季ここまでリーグ戦で15得点をマーク。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで得点を量産し続ける、アイントラハト・フランクフルトの21才FWルカ・ヨヴィッチだが、ドイツの大衆紙ビルトは、同選手に対してバルセロナが獲得へ本腰を入れているようだと伝えている。

 最近ではインテル戦にて、バルセロナのエリック・アビダルSDと、マネージャーのペップ・セグーラ氏が観戦。そこでもヨヴィッチは先制ゴールを決める活躍を披露してみせた。

 そしてビルト紙の情報によれば、バルセロナはこの契約にあたっての仲介役をすでに見出しており、それはかつてフランクフルトでプレーした経験をもつ、現在は代理人業を行っているパトリック・ファルク氏とのこと。

 なお移籍金額については、英国のガーディアン紙が伝えたところではバルサ側は5000万ユーロを支払いたい考えだが、先日のドイツ代表戦のゴールによりさらに価値が増した同選手に対して、フランクフルト側はどうやら6500〜7000万ユーロを求めているようだとしている。
 


関連ニュースをもっと見る

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索