フライブルク、右サイドバック獲得模索も2選手では不発に


 来シーズンに向けて、現在は右サイドバックの補強を目指しているSCフライブルクでは、これまでにも数多くの候補者の名前が浮上してきたところだが、そのうちの一人と目されるのが、スラビア・プラハ所属のヴラディミール・ツォウファルだったのだが、しかしながらすでに断りが入れており、移籍は破談に終わった。

 さらに候補の一人となっているのが、仏1部のディジョンFCO所属バレンティン・ロジェだ。22才のフランス期待の若手選手については、移籍金として800〜1000万ユーロが求められており、こちらはむしろ移籍金がネックとなっている模様。kickerがえた情報ではむしろ、スポルティング移籍の流れにあるようだ。
  


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索