アディダス社、ドイツ代表2選手の名前をスペルミス「大変に申し訳ない」


 「ヘクター」ではなく、「ヘックター」。ヴァルトシュミットの名前の最後には、必要であるはずの「T」が無い・・・。

 長年に渡りドイツ代表へユニフォームを提供しているアディダス社だが、今回のユニフォームでは2選手のスペルミスがあったことが明らかとなっている。

 「この度の件に関しまして深く謝罪いたしますと同時に、今後こういった技術的なミスが起こらないように再発防止に努めてまいります」と、同社の広報担当はコメントを発表。すべての関係者や、代表のファンに対して謝罪した。


 アディダス社は昨日の月曜日に、ユーロ2020に向けた新たなデザインのユニフォームを発表。首元と袖口には力強く黒で一際厚みをもって縁取られ、袖口にはさらに赤と金色が続くドイツの国旗をイメージしたカラーリングとなっており、早速アディダス・ショップでも販売が開始されていた。

 だがそこで1.FCケルン所属のヨナス・ヘクターの名前が「ヘックター」に、SCフライブルク所属のルカ・ヴァルトシュミットの名前の、最後にあるべき「T」が見当たらないという事態が発生。今回の謝罪という経緯へと至っている。
 


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る