5月15日15時55分、遂にその瞬間は訪れた。ロベルト・レヴァンドフスキがフライブルク戦にて、今季リーグ戦わずか28試合目にしてブンデスリーガ40得点目を達成。ゲルト・ミュラー氏が持つ、ブンデスシーズン最多得点記録へと並んだ。

 4月はじめには、参加していたポーランド代表での負傷により、4週間ほど離脱を余儀なくされていた同選手。しかしながら、その飽くなき得点への意慾は止まることを知らず、この試合の前半26分のPKを沈めて、来週に最終節を残す中で40得点目の大台へと乗せて見せた。

 これにより1971/72シーズン以来、およそ50年間に渡って続いた”爆撃機”ゲルト・ミュラー氏の記録へと並ぶことになり、更なる記録の更新にも期待がかかる。