RBライプツィヒとの契約を来シーズンいっぱいまで残している、マルセル・サビッツァ。果たして日曜に行われたヴォルフスブルク戦は、ライプツィヒでの最後のホーム戦ということになってしまうのだろうか?

 「僕はまだ2022年まで契約を残しているよ」と、スカイに対して語ったオーストリア代表MFは、「サッカーではいろんな事が語られるもの、僕が今日話したことは、明日にはもうあてにしてもらえなくなるものだよ」と述べるにとどまった。