ジョゼ・モウリーニョ監督が解任されてからおよそ2ヶ月が経過し、トッテナム・ホットスパーではこれまで、様々な候補者の名前が絶え間なく浮上。昨日はわずか23日にでフィオレンティーナを退任となった、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の名前が退任直後から挙がる展開をも迎えた。

 しかしながら、早くもこの話にもすでにピリオドが打たれているようだ。英国のメディアが報じたところによれば、ガットゥーゾ監督との最初の話し合いの後にもう結論は導き出されており、招聘は断念。まだまだトッテナムの後任監督の模索は、これからも継続していく恐れもでてきてしまった。