プレミアリーグの名門FCアーセナルでは、再び国際舞台へと返り咲くためにチームの強化をはかっているところであり、先日にはイングランド代表ベン・ホワイトを、移籍金およそ6000万ユーロを投じる形で獲得。だが守備陣のみならず、中盤の強化についても視野にいれているようだ。
 
 同じくイングランド代表出場経験をもつ、レスター・シティ所属のジェームズ・マディソン。これまでノリッジ時代も含め、プレミア通算98試合に出場し
21得点をマークしている24歳は、昨季では31試合に出場して8得点。確かにレスターは決してベストプレーヤーの売却にまで迫られてはいないものの、ここ数年はそういった流れが続いていることも確かだ。