TV番組ドッペルパスに出演した、ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、すでに開幕前にはマッツ・フメルスとの契約を、2023年まで延長していたことを明らかにした。 「我々はこの夏に、出場試合数に応じた合わせたオプションで、マッツを左右するようなことがあってならないと口にしていたし、だからこの条項を削除したんだ」

 2007年にバイエルンから加入したフメルスは、主力選手として活躍した後に2016年にバイエルンへと復帰。2019年から再び戦いの舞台をドルトムントへと移しており、今季の出場試合数に応じて延長となる仕組みの契約を締結。なおこれまでブンデス1部通算368試合(28得点)に出場。CL69試合(4得点)、 ドイツ代表としては76試合に出場(5得点)している。