サッカーW杯 ポドルスキがイニエスタに「いい結果残して」

サッカーW杯 ポドルスキがイニエスタに「いい結果残して」

 14日(日本時間15日午前0時)に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。Jリーグ1部のヴィッセル神戸には、世界最高峰の緊迫感を肌で知り、日本代表にエールを送る選手がいる。ドイツ代表FWとして3大会に出場したルーカス・ポドルスキ選手(33)だ。西野朗監督が就任後の代表の戦績は1勝2敗と芳しくないが、「チーム内の化学反応が結果を大きく左右する」と大会期間中のチームの変貌に期待する。

 ポドルスキ選手は初出場した2006年のドイツ大会で3得点を挙げ、アルゼンチンのリオネル・メッシ選手(30)らを抑えて最優秀若手選手賞を獲得。10年南アフリカ大会で2大会連続の3位に入り、前回4年前のブラジル大会では悲願の優勝を果たした。17年にドイツ代表から引退した。

 直前の監督交代に揺れた日本代表に向け、「1次リーグを突破することが日本のサッカー界にとってどれだけ大きいかは分かっている。そうなるように願っている」と声援を送る。

 その上で「W杯は予選や親善試合とは全く違うし、1次リーグと決勝トーナメントも違う」と他の大会などと比べた特別感、難しさを指摘する。

 自身のW杯経験については「一つ一つの試合、1対1の戦いがいつも心に残っている。自分の中の誇りであり名誉」と振り返る。

 5月下旬に神戸加入が発表され、チームメートとなったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)についても「いい結果を残して神戸に戻ってきてほしいね」と期待した。(山本哲志)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索