専攻は造園・園芸なのに「歴史専門家」だって?

 「旭日旗=戦犯旗」だという宣伝に一役買っているのが、徐坰徳(ソ・ギョンドク)という人物だ。

 彼は「韓国広報専門家」を自称し、竹島や慰安婦、戦時徴用問題や端島(軍艦島)などを巡って対日批判を繰り広げる広報映像を制作し、ニューヨークのタイムズスクエアにある大型画面で上映したり、米国の新聞に広告を出したり、といった活動をしてきた。

 誠心女子大学教養学部で「国家広報」という講座を受け持っているそうだが、自身が大学・大学院で学んだのは造園・園芸科学という分野で、メディア広報や歴史に関する論文や著作は1つも発表していない。

 それにも関わらず今や「広報専門家」や「歴史専門家」という肩書きで、ワイドショー番組などに頻繁に顔を出すタレントにすぎない。

学生時代のバックパッカー経験が原点

 今年48歳の徐氏は、学生時代にバックパッカーで欧州を旅行した時、中国人や日本人に間違えられたことにショックを受け、韓国と韓国人を世界にPRする必要性を痛感したという。

 そのため、欧州を旅行中の韓国人バックパッカーに8月15日にパリのエッフェル塔に集まれと呼びかけ、太極旗を振り、愛国歌やアリランを歌って韓国を誇示するイベントを行い、成功体験をつかんだようだ。

 そのほか、ギネス記録を狙って巨大な太極旗の制作を計画したり、2002年ワールドカップでは芝生で作ったジャケットのアイデアを提案するなど、いわゆる奇行・奇策で名前を売ろうとした人物でもあった。

 そんな人物を韓国政府は、国家ブランド委員会の諮問委員や独立記念館名誉広報大使に任命するなど厚遇し、公営放送KBSは2011年、彼を司会者にネット番組(「ソ・ギョンドクの国家代表」)を制作、MBSも彼を頻繁に起用して番組を放送している。

「旭日旗はハーケンクロイツと同じ」という倫理破綻

 彼が、旭日旗問題に最初に関わったのは、2014年の「3.1独立運動記念日」を前に発表したユーチューブ動画(現在はなぜか視聴不可となっている)だ。

 しかし、この6分間の映像では、ナチス・ドイツのハーケンクロイツと旭日旗を強引に結びつけ、ハーケンクロイツの旗の下で無数のユダヤ人が虐殺されたのと同様に、旭日旗の下で大勢のアジア人が虐殺されたという。

 ハーケンクロイツはナチス党の党旗であり、後にナチス・ドイツの国旗となるが、国旗同士で比較するのであれば、「日の丸」が対象になるはず。

 また、軍旗として比較するのであれば、ドイツ軍の軍旗はIron Cross(アイアンクロス)と呼ばれる「鉄十字」や「黒十字」の紋章がそれにあたる。

 しかも、この鉄十字や黒十字の紋章は、今でもドイツ軍の戦闘機や戦車に描かれ、旭日旗と同様に各国軍に承認され、禁止やタブーの対象ではない。

 徐氏の「旭日旗はハーケンクロイツと同じ戦犯旗」という主張は、そうした厳密な検証も経ていない、一方的で論理破綻の主張だということができる。

慰安婦問題とホロコーストを一緒くたにする徐坰徳に丸乗りの韓国政府へ続く。


小須田 秀幸(こすだ ひでゆき)
NHK香港支局長として1989〜91年、1999〜2003年駐在。訳書に許家屯『香港回収工作 上』、『香港回収工作 下』、パーシー・クラドック『中国との格闘―あるイギリス外交官の回想』(いずれも筑摩書房)。2019年から2022年8月までKBSワールドラジオ日本語放送で日本向けニュースの校閲を担当。「ノッポさんの歴史ぶらり旅」をKBS日本語放送のウェブサイトとYouTubeで発表している。