台風17号は対馬海峡へ 鹿児島県の一部は暴風域(22日午後8時推定)

台風17号は対馬海峡へ 鹿児島県の一部は暴風域(22日午後8時推定)

大型の台風17号は22日午後8時現在、長崎県五島市の北を時速30キロで北北東に進んでいるとみられます。

中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

鹿児島県内のほぼ全域が風速15m/s以上の強風域に入っていて、薩摩川内市甑島の一部と長島町が風速25m/s以上の暴風域に巻き込まれています。

台風の北上に伴い県内では風の強い状態が続いています。
これまでに鹿児島市で29.4m/s、枕崎市で28.6m/sの最大瞬間風速が観測されました。

台風はこのあと勢力をほぼ維持しながら進路を北東に変え、22日夜は対馬海峡を通過し、23日朝に日本海に達する見通しです。

24日に千島近海で温帯低気圧に変わるでしょう。

台風は鹿児島から離れつつありますが、薩摩・大隅地方の海上ではあと数時間は非常に強い風が吹く恐れがあります。予想される最大瞬間風速は35m/sです。

また薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方の沿岸の海域では、22日夜遅くにかけてうねりを伴い、最大波高8mの大しけが続く見込みです。九州南部では、引き続き暴風とうねりを伴った高波に警戒が必要です。

鹿児島が強風域を抜ける時間帯は、奄美地方北部がまもなく、十島村が23日未明、
種子島・屋久島地方が23日明け方、薩摩・大隅地方が23日朝の予想となっています。


関連記事

KTS鹿児島テレビの他の記事もみる

あわせて読む

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索