桜島で爆発相次ぐ 噴煙の高さは火口から2800メートル

桜島で爆発相次ぐ 噴煙の高さは火口から2800メートル

桜島では23日未明から今朝にかけて2回の爆発がありました。

桜島の南岳は、23日午前4時4分ごろ爆発しました。

噴煙の高さは火口から2800mまであがり、弾道を描いて飛散する大きな噴石が7合目付近まで達しました。

その後、桜島は午前7時56分にも爆発し、噴煙は火口から2300mまで達しやや多量の噴煙が鹿児島市街地方向に流れました。

鹿児島地方気象台によりますと、山体膨張と考えられるゆるやかな地殻変動が見られることから今後も活発な噴火活動が続く可能性があるとしています。

桜島では噴火警戒レベル3の入山規制が継続されています。


関連記事

KTS鹿児島テレビの他の記事もみる

あわせて読む

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る