松たか子演じる、3回結婚して3回離婚したバツ3の主人公・大豆田とわ子が元夫たちに振り回されながらも奮闘するロマンティックコメディー『大豆田とわ子と三人の元夫』。5月4日(火)放送の第4話は、とわ子(松たか子)の最初の夫・八作(松田龍平)の過去や本音が明らかに!さらに、とわ子の30年来の親友・かごめ(市川実日子)の秘密や恋愛観も明かされた。

とわ子は、同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条(浜田信也)がかごめに好意を抱いていると確信し、面倒くさがるかごめの背中を押す。しかし、最近のかごめは何か隠している様子。そんな中、とわ子はかごめのある秘密を知ってしまう。その頃、八作は親友の俊朗(岡田義徳)の恋人・早良(石橋静河)から猛烈なアプローチを受け、自分のモテ体質に困惑。俊朗と3人で食事をした際、わざと早良に嫌われようと試みるが、早良の行動はますます大胆に。一方、うそをつく翼(石橋菜津美)にイラ立つ慎森(岡田将生)だったが、「まだ私が誰なのかわからない?」と言われ、言葉を失う。鹿太郎(角田晃広)は、美怜(瀧内公美)にパパラッチ対策として不倫相手の影武者を頼まれるが…。それぞれの複雑な恋模様に、元夫たちは憂うつなため息をもらすのだった。

一筋縄ではいかないクセが強めの登場人物と軽妙でおかしみのある会話劇、おしゃれなインテリアや毎回変わるエンディングなど視聴者を飽きさせない工夫が随所にある本作。

数々の名作を生み出してきた脚本家・坂元裕二の完全オリジナルだけに、先の読めない展開と心に響くセリフが視聴者をひきつけてやまない。今回はなんといっても、モテ過ぎて困る“オーガニックなホスト”八作を自然体で演じる松田の色気あふれる佇まいに、ファンならずともくぎ付けに。「好きな人がいるから好きになったらダメなんだよ」「モテたい人にモテないんじゃ意味ないですよ」と意味深なセリフが続き、また、かごめとの衝撃的な過去に「そうだったのか!」と驚きは増すばかり。

そして、八作が早良に嫌われようと、脱いだ靴下をテーブルの上に置いたり、わざと汚い食べ方をしたり、鼻をほじったりするのだが、そんな松田の演技に、「何をしてもカッコイイ!」「これは松田龍平だから成立する」などの意見が飛び交った。

また、かごめの恋愛観にもスポットが当てられた。「恋がすてきなのは知ってる。ただただただただ、恋愛が邪魔。女と男の関係が面倒くさいの。わたしの人生にはいらないの。そういう考えが寂しいのは知ってるけど、ただただそれがわたしなんだよ」と淡々と語るかごめ。それに対して、否定も肯定もせず、ただ「そう」と一言だけ返すとわ子。2人の関係性に胸が締め付けられ、ネットでも「心にグサグサ刺さって涙が出てくる」「これってわたしのこと?」「今回も名言が多い!」と共感する人が続々。

さらには、最後の最後まで見逃せないエンディングは「Presence Ⅳ (feat. Daichi Yamamoto,松田龍平)」と題して、冒頭のレストランのシーンにSTUTSと共にカメオ出演したラッパー、Daichi Yamamotoとともに松田がラップを披露。放送前から「第4話はついに松田龍平の回か?ワクワクしかない」「誰とラップするのか?待ち遠しい」など期待する声が多数上がっており、エンディング放送後には「神回きた」「松田龍平の色気がすごい!」「全女性がホレた!」など興奮の声が殺到した。

 

「そう来たか!」と何度もうなってしまうほど、いつも以上に予想の“斜め上”を行く展開が畳みかけられた第4話。登場人物の過去や秘密が徐々に明かされていく中、早く続きが見たくなると同時に、第1話からリピートしたくなった人も多いのではないだろうか?

 

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』はカンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜夜9時より放送

■4話を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらで↓

カンテレドーガ https://bit.ly/39rLPhM 

TVer  https://bit.ly/2QL6AhP 

※最新話無料見逃し配信中