フジテレビ系では、9月26日(日)午後7時から『ドリフに大挑戦スペシャル』を放送する。今回の『ドリフに大挑戦スペシャル』では、ドリフを愛してやまない30人を超える“ドリフ・ラヴァーズ”の芸能人たちがドリフの名作コントに大挑戦する!今活躍中の芸能人たちが“もしもシリーズ”などをはじめとした体を張ったコントにどう挑むのか。さらに、いかりや長介の当時の“前フリ”でコントが始まるなど、ドリフの世界観を3時間余すところなくお届けする。

おなじみの “もしもシリーズ”からは人気コントの一つ“もしもこんな飲み屋があったら”をリメーク!『泥酔飲み屋』のコントではサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)の2人とカンニング竹山が挑戦。泥酔した店主役の伊達と、酔いつぶれた客役の富澤に振り回されるサラリーマン役を竹山が演じる。伊達が「受け継いでいかないといけない」と語るそのドリフの笑いは必見!さらに、“もしもこんな入院患者がいたら”からは『入院中のおばあちゃん』がリメークされる。医師役の劇団ひとりが、入院中のおばあちゃん役のよしこ(ガンバレルーヤ)に「そろそろ退院ですね」と話していると、なぜかかたくなにそれを拒むおばあちゃん。すると、不思議なことにおばあちゃんの病室に患者が続々と訪れ、いろんな注文をし始める!医者が状況を飲み込めないなか、最後はもちろんあの名セリフが飛び出すのだが、収録終わりで「自分なりの“ダメだこりゃ”を言わせていただきました。」とひとりが振り返るなど、あのいかりやの名セリフを “ドリフ・ラヴァーズ”がどう表現するのかもぜひ注目して欲しい。

ほかにも体を張ったコントも盛りだくさん。なかでも『威勢の良い風呂屋』では、店員役のひとり、ガンバレルーヤ(まひる、よしこ)、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)が収録開始ギリギリまで当時のVTRを入念にチェックし、「威勢だけは負けないように」と声を掛け合ってコントに挑戦!ザ・ドリフターズに負けないくらいの“威勢の良い”連携から目が離せない。さらに『寝ちゃダメ』では夜遅くまで受験勉強をする女子高校生の役を、ひとりと柴田英嗣(アンタッチャブル)が汗だくになるほどの熱い掛け合いで演じる。眠ったときは起こし合うことを約束した2人が、その約束通りにお互いを起こしあうも、次第にそれがエスカレート。もはや予測不能なその結末は見逃せない。

また俳優の遠藤憲一が『もしもこんな子役がいたら』で子役のえんけん君を演じるなど、芸人たちだけではなく、俳優や歌手、アイドルなど多くの芸能人もドリフのコントに挑戦する。なかでもクリスタルケイや天童よしみら豪華アーティストらが挑戦したのは国民的コントと言っても過言ではない“客前コント”の一つ『少年少女合唱隊』の『早口言葉』。観客の前で圧巻のパフォーマンスを披露する!さらにアンミカやIKKO、渋谷凪咲(NMB48)らは『早着替え』に挑戦。めまぐるしく動く“大忙し”コントだが、普段は経験することがないツッコミもノリノリで受けるなど楽しみながら演じる姿も乞うご期待。

珠玉のコントが盛りだくさんの3時間。令和の夜に今も色あせることのないドリフの世界観に触れて、どうか思いっきり笑っていただきたい!

【コメント】

◆加藤茶

「長さんがいなくなり、志村けんもいなくなったドリフターズで、新しくコントをやるってことは、正直、想像もしてなかったです。そのくらい、当時の僕らがやってきたことを超えるってことは難しいと思うし、マネできる訳がない、という自信もあった。でも、今回、そんな難しいことを、小さい頃にドリフや志村のコントを見て、笑ってくれていた芸人さんや役者さん、歌手の方々が、僕らと一緒にコントにチャレンジをしてくれることを聞いて、不安もあるけれど、すごくワクワクしています」

◆柴田英嗣(アンタッチャブル)

◆コント収録を終えて

「こんなに走り回ったのは中学の体育祭以来かもしれないです。コントなんですけど、背中びしょびしょになるくらいすごいことになりましたね。やっぱりドリフの皆さんの築き上げてきたもののすごさを肌身で感じました。僕も芸人生活30年近くやっていますけど、こんなにコントで汗かいてこんなに楽しんだことはなかったですね。非常に勉強になりました。脱力感というこのつらさが、あのランナーズハイのような、コントズハイという感じで気持ちいいです」

◆柴田さんにとってのドリフのコントとは

「ドリフのコントは僕のなかではもうピカソの作品みたいなものですね。それをこうなぞれたというのはすごく感動があります。なので声が掛かったときはすごく興奮しました。一方でドリフは聖域のようなものなので自分がやっていいのかっていう思いや、プレッシャーみたいなのもありました。でもやれるのなら、一回はやっぱりあのドリフワールドに入ってみたいというのがあったので、今はとてもうれしいです」

◆ドリフワールドはいかがでしたか

「まだなんかふわふわしているんですよね。僕らが“ドリフのコントをやった”という達成感というか、まだ実感がわかないというか。本当にその神の領域に足を踏み入れさせていただいたというこの高揚した気分で今はお腹一杯っていう感じです。先輩たちが築いてきたベタとか体の張り方はこの先、何百年と通用する笑いだと思います。それぐらい今日やってみて、“あっ、やっぱりこういうものって最高だな”とあらためて思いましたね。難しい笑いじゃない、パッと一瞬で老若男女すべてが笑うっていう笑い、これやっぱり僕らもこれから勉強して目指していかなきゃなと思いました。楽しかったです」

◆劇団ひとり

◆コント収録で“ダメだこりゃ”の名ゼリフも

「緊張しましたね。憧れのドリフのコントをやらせていただきましたから、泥を塗らぬように緊張感をもってやらせていただきました。そして僭越(せんえつ)ながら“ダメだこりゃ”をやらせていただきました。やっぱりいかりやさんの、あの雰囲気はなかなか出せなかったと思いますが、自分なりの“ダメだこりゃ”を言わせていただきました」

◆『威勢の良い風呂屋』も皆さん楽しんでいるように見えました

「『威勢の良い風呂屋』は、ドリフのなかでも名作中の名作なので、それをやらせていただき興奮しましたね。あと相手がカンニング竹山さんということで、我々が何の遠慮もなくできたというのは、竹山さんのお陰です。個人的にも本当に何の手加減もなくやれましたね(笑)。あと収録前にVTRをずっと見て確認していたんですが、当時の映像を見ていると、とにかくドリフの皆さんが威勢すごいんです。だから我々も威勢だけは負けないようにということで、みんなで声出しを徹底してやらせていただきました。楽しかったです」

◆サンドウィッチマン

◆コント収録を終えて

伊達「あの大先輩たちがやってきたことをやらせてもらえるというのは本当に光栄なことでしたし、小さい頃から見ていたテレビのなかに入っているような感覚でしたね。やっぱりなんかタライが落ちてくるとか、パイを投げるとか…」

富澤「あれをやるのは本当に夢ですからね」

伊達「ああいうコントをやりたくてお笑いやってるんでね。なんかそれができたなって感じです。受け継いでいかないといけませんよね」

富澤「なんかドリフの皆さんに見られたら“そうじゃないんだよな”とか言われたらどうしようって思ったりもしますけどね。“もうちょっとこうなんだよ”とかね」

伊達「でもきっと志村さんも喜んでくれると思います」

◆出演を楽しみにされている皆さまへのメッセージを

富澤「子供たちって体を張ったコントとかを見て笑うんですよね。それって、なんか本能的に面白いもんだなって感じてるんじゃないかな。そして自分もやるとまたあらためて思うんです、“やっぱ面白い”って。そういうところを見てもらいたいですね」

伊達「本当に、単純に面白いんですよ。ドリフの皆さんのコントを超えるってことはできないですけど、僕らが当時『ドリフ大爆笑』を見てゲラゲラ笑っていたので、今の子供たちにも同じように見ていただきたいですね。“こういうのは面白いんだ”と感じて、こういう世界行きたいなとか、僕らみたいになりたいなと思ってくれる人が何人か現れたらうれしいですね」

【番組概要】

<タイトル>『ドリフに大挑戦スペシャル』

<放送日時>9月26日(日)午後7時〜9時54分

<出演>阿佐ヶ谷姉妹、アンミカ、飯尾和樹(ずん)、飯塚悟志(東京03)、磯山さやか、IKKO、遠藤憲一、カミナリ、カンニング竹山、ガンバレルーヤ、クリスタルケイ、劇団ひとり、澤部 佑(ハライチ)、サンドウィッチマン、柴田英嗣(アンタッチャブル)、渋谷凪咲(NMB48)、純烈、DJ KOO(TRF)、天童よしみ、浜口京子、ほしのディスコ(パーパー)、ゆりやんレトリィバァ (※五十音順)

鈴木 唯(フジテレビアナウンサー)、藤本万梨乃(フジテレビアナウンサー) 他

<オフィシャルサイト>https://www.fujitv.co.jp/dorifu_daichosen/