フジテレビ系では12月21日(土)午後9時15分から、横溝正史原作、加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬(まり)唄〜金田一耕助、再び〜』を放送する。ミステリー&ホラー小説界の巨匠、横溝が生んだ金田一耕助シリーズは“探偵推理小説の金字塔”として圧倒的人気を博し、昭和、平成と時代を超えて幾度となく映像化されてきた不朽の名作群。中でも『悪魔の手毬唄』は横溝自身が傑作と語ったミステリー作品で、怨念めいた村で起きる血で血を洗う争いが描かれる。身も震える今作で、加藤演じる金田一耕助がずばぬけた洞察力と明晰(めいせき)な頭脳を武器に、この年末も名推理をみせる。

このたび、物語の舞台、鬼首村(おにこうべむら)にある温泉旅館・亀の湯の女主人、青池リカ役に寺島しのぶが決定し、さらに、リカの息子で美しき容姿の青年、青池歌名雄(かなお)役にジャニーズWESTの小瀧望が決定した。二人は悲しい過去を背負いながらも固い絆で結ばれる親子役として、今作で初共演を果たす。

リカは歌名雄と娘の里子を子に持つ母親。20年前、里子を妊娠中に悲惨な事件で夫の源次郎を亡くしていた。その犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。その事件以来、女手一つで歌名雄と里子を育て上げ旅館を切り盛りしてきた。美しく聡明(そうめい)なリカは、その事件以降岡山県警の磯川常次郎警部に気にかけてもらっており親しい関係を築いている。目下の悩みは愛する息子のこと。歌名雄と、村一番の実業家である仁礼家の娘・文子との縁談話が持ち上がっているのだ。しかし、当の歌名雄は、由良家の娘・泰子と恋仲であり、いつか二人が駆け落ちするのではないかと、落ち着かない日々を送っている。

数々の映画や舞台、テレビドラマで唯一無二の演技派俳優として活躍を続ける寺島は、最近では大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK、2019年)や、日仏公演を収めた舞台『海辺のカフカ』(2019年)などに出演し、圧巻の演技力で見る者たちを魅了した。さらに、連続ドラマW『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(WOWOW、2019年)では娘に過干渉する母親を演じ、子離れできない複雑な心情を表現した。自身も子供を持つ母親である寺島が今作『悪魔の手毬唄』で演じるリカは、母としての強さと女性としての妖艶さを兼ね備える魅力的な人物。寺島と今作で初共演となる加藤は、「青池リカは存在感があるような、ないような、不思議な雰囲気をまとうキャラクター。恐れながら、寺島さんがどのように演じられるのか一視聴者として楽しみです」と語る。

そんなリカを母親に持つ歌名雄は村の男性陣の中で随一の色男。端正な顔立ち、誠実な性格の歌名雄に対し思いを寄せる女性は数知れず。恋仲の泰子と結婚の約束をしているが、女手一つで育ててくれた母親や、顔の半分を大きな赤いあざに覆われた妹・里子、さらには亀の湯の経営のことを考えると自分の思いを貫いていいのか悩みは尽きない。そんな中、泰子が滝つぼで死んでいるのが発見されるという悲劇が歌名雄に降りかかって・・・。

演じる小瀧はジャニーズWESTのメンバーとして活動する一方で、俳優としても精力的に活動しており、近年では『僕とシッポと神楽坂』(2018年、テレビ朝日系)、『白衣の戦士!』(2019年、日本テレビ系)などのドラマに出演。そして現在放送中の『決してマネしないでください。』(NHK)では連ドラ初主演をつとめるなど、活躍の幅はますます広がりを見せている。そんな小瀧は、加藤と共演した2016年放送の単発ドラマ『盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜』(日本テレビ系)以来3年ぶり2度目の共演となる。加藤は「歌名雄は難しいキャラクターだと思います。男ですけど“悲劇のヒロイン”のような人物。(小瀧と)お互いの成長を感じられたらうれしいです」と再共演に喜びのコメントを寄せる。

『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、再び〜』は12月21日(土)午後9時15分より放送。クリスマスシーズンで活気に沸く日本列島に、クリスマスソングに代わる恐怖の手毬唄が響き渡る。

コメント

寺島しのぶ

Q)リカという役どころについて

「さまざまな愛憎がリカの中で渦巻いており、なぜそうなったのか、さまざまな部分を自分なりに読み込んで演じたいと思っております」

Q)金田一耕助役の加藤シゲアキについて

「スマホをいじるのではなく本をよく読まれていて、すてきだなぁと思います。普段はとても気さくで、おしゃべりしていて楽しいです」

Q)視聴者メッセージ

「横溝正史氏の作品が今の時代に何が伝わるのか、何を伝えられるのか、出演者ですが視聴者の方々の感想がとても気になります。女として母としての青池リカの生き様をしっかり表現できたらと思います。素晴らしいキャストの方々とお芝居できることを心より楽しみにしております」

小瀧 望(ジャニーズWEST)

Q)歌名雄という役どころについて

「今まで出演してきたドラマのテイストと全然違いましたし、“かなり難しいな!”と思いました。個人的な印象ですが、この役が僕にとってターニングポイントになる気がしています。難しい役どころですが、僕の人生において大事な役になるんじゃないかなと思っています。大事な人を失う喪失感と犯人への怒りは常に抱いている感情だと思うのでそこは忘れないように心がけています」

Q)現場の雰囲気について

「加藤くんとは約3年ぶりですけどそんなに久しぶりな感覚はないですし、またご一緒できてすごくうれしいです!大先輩に囲まれている現場ですが皆さん優しくて。監督が若干怖めなので(笑)、生瀬(勝久)さんや寺島(しのぶ)さんにとても助けられています」

Q)母親役の寺島しのぶについて

「まさにお母さん!すべてを包み込んでくれる感じです。お芝居では圧倒されると同時にすごく興奮もしています。学ばせていただきたい、吸収したいという気持ちで日々過ごしていますし、ご一緒させていただけてとても幸せです」

Q)視聴者メッセージ

「クリスマスの時期に戦慄(せんりつ)のドラマが放送されるわけですが・・・。悲しくて残酷な物語ですけど、愛の物語でもあると思います。“こんな話もあるんだな”と思いながら幸せなクリスマスを過ごしてほしいですね(笑)」

プロデュース:金城綾香(フジテレビ第一制作室)

「昨年の『犬神家の一族』に続いて、本年の『悪魔の手毬唄』にも美しき母と息子が登場します。母・青池リカは、女手一つで息子と娘を育て上げ、温泉宿を切り盛りする力強さを持ちながら、悲痛な過去を胸に秘めている女性です。母の優しさと狂気が同居する彼女を、寺島しのぶさんに演じていただける。プロデューサーとしてこんな幸せはありません。昭和、平成、令和と時代を超えてもなお胸に迫る母の愛をぜひ楽しみにしていただきたいです。一方、リカの愛を一身に受け、健やかに育つ歌名雄役は、世の女性をとりこにするような華やかさの陰に、どこか危うさを漂わせる方に演じていただきたいと思い、小瀧望さんにオファーさせていただきました。歌名雄に訪れる数々の悲劇をどう乗り越えていくのか、その成長も見どころです」

あらすじ

岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、二つの名家が対立していた。岡山県警警部・磯川常次郎の依頼を受け、金田一耕助(加藤シゲアキ)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源次郎を亡くしていた。そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかりが帰郷するということで村中が活気に湧く中、リカの息子、歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子が滝つぼで死んでいるのが発見され・・・。

番組概要

<タイトル>

スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、再び〜』

<放送日時>

12月21日(土)午後9時15分〜11時25分 ※時間変更の場合あり

<出演者>

加藤シゲアキ

生瀬勝久

小瀧 望(ジャニーズWEST)

寺島しのぶ ほか

<スタッフ>

原作:『悪魔の手毬唄』横溝正史(角川文庫) 脚本:根本ノンジ(『監察医 朝顔』、『フルーツ宅配便』、『犬神家の一族』、『相棒 season17』、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』など)

プロデュース:金城綾香(『監察医 朝顔』、『犬神家の一族』、『グッド・ドクター』、『営業部長 吉良奈津子』、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』など)

演出:澤田鎌作(『監察医 朝顔』、『犬神家の一族』、『ミス・パイロット』、『CHANGE』、『西遊記』など)

制作・著作:フジテレビ

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/kindaichi_returns/

<公式Twitter>

https://twitter.com/temariuta2019