卵は常温で保存できる?正しい保存方法を知っておいしく食べよう! 

卵ってどこで保存していますか? 買ってきたらすぐに冷蔵庫に入れている人がほとんどではないでしょうか?

でもちょっと考えてみてください。スーパーで売られているときって常温で置かれていますよね? ということは常温でもOKなんでしょうか? おいしい卵レシピとともにまとめてみました。


卵は常温で保存できる?

できるかどうかといえば、できます。

ただ食品衛生管理のプロ、厚生労働省のサイトでは、購入後は冷蔵保存を推奨しています。
卵を食べるにあたり気をつけたいのは、他の食品同様痛んでいないかということと、もう一つ大事なポイントがあります。それは、サルモネラ菌。

鶏卵や鶏肉に付着する場合があり、そのため生の鶏肉を扱った手や調理器具は、よく洗う必要があるのです。
一般的に、日本で流通している卵は洗浄済みで、卵によるサルモネラ菌の食中毒はごく稀ですが、万が一この菌によって卵の中身が汚染されていた場合、10℃以下で冷蔵保存することで、菌の爆発的な増殖を防ぐことができます。

ただ、冷蔵庫に入れても、サルモネラ菌が完全に消滅するということはないようです。
調理法(生食か加熱か)、食べた人の免疫力、体力によって、その発症程度には差がありますが、抵抗力のない人が、サルモネラ菌入りの卵を生で食べてしまった場合などは、サルモネラ胃腸炎を発症し、下痢や発熱が起こる場合があります。

日本で販売されている卵がサルモネラ菌に汚染されている確率は、10万個に3個という低いものですが、念には念を入れて「卵は冷蔵庫で保管」がやはり安心なようです。


新鮮な卵/腐った卵の見分け方

卵かけごはんやすき焼きなど、生卵の場合は特に、その鮮度が気になりますよね。新鮮な卵と、古い卵、腐った卵の見分け方はどうしたらよいでしょうか?

・新鮮な卵の見分け方

農家などから分けていただくような場合は採卵日付のスタンプがない場合もあるかもしれませんが、市販の卵ではほとんどの場合、卵に、採卵日付が押されていますね。その日付を見れば、新鮮な卵はすぐに見分けがつきます。

また、卵を割ったときの状態で、横から見て卵黄がドーム型に盛り上がっているものは新鮮です。

割る前の卵でも鮮度を見ることができます。深めのボウルなどに塩水をはり、卵を入れてみると、新鮮な卵は底まで沈みます。古い卵は浮かびます。これは、保存期間中に卵のからの隙間から内部の水分が飛んでしまったためだそう。

近頃は、パッケージに「生食用」とはっきり書かれているものもあり、そういった卵なら、さらに安心です。

・食べちゃダメ!腐った卵の見分け方

腐った卵を見る機会はそうないので、どういうものが腐っているのかわからないという人も多いでしょう。

割った場合に、古いものは卵黄の盛り上がりが少ないです。そして、硫黄のような臭いがするので、これはおかしい、と気付けるはずです。

腐っていなくても、からにヒビが入っていたり、穴のあるものは避けてください。


美味しく食べられる保存方法や賞味期限は?

まず、食品に適用される「賞味期限」「消費期限」ですが、卵には肉や魚など「消費期限」と違い、「賞味期限」がつけられています。

これは、「生で安心して食べられる期間」を表示しているからで、「賞味期限」が切れても、加熱すれば食べることができる期間があるということ。

とはいえやはり、卵をおいしく安全に食べるには、適切な保存方法で保存し、卵の状態を見極めることが肝心。そのために大切なポイントをまとめてみました。

・卵の適切な保存方法

1. 購入した卵は、すぐに冷蔵庫に入れる。
2. 期限表示のある卵は、期限表示の期間内に消費しましょう。
3. 卵の保管は10℃以下が目安です。冷蔵庫内の温度が10℃以下に保たれていることを確認しましょう。

(参考:日本食品衛生協会)

・「消費」期限はどのくらい?

卵の「賞味」期限は、パック詰め事業者などの協議により、パック後2週間と定められています。これは、夏場に購入後冷蔵庫で保管したものを、生で食べることを前提として考えられたものなので、季節により、また加熱して食べる際にはまた違ってくるのです。

「賞味期限」が切れた後の卵を食べることについては自己責任ということになりますが、
卵の業界団体である日本卵業協会の公式サイトの、「消費期限」についての見解が参考になります。

‘’Q1 卵の賞味期限はどれくらいですか?

A:時期により異なりますが、卵の賞味期限は安心して「生食」できる期限を表示しています。サルモネラ菌の増殖が起こらない期間は卵の保存温度によって決まります。英国のハンフリー博士の研究に基づいて算出され、家庭で冷蔵保存する7日間を加えたものです。夏期(7〜9月)が産卵後16日以内、春秋期(4〜6月、10〜11月)が産卵後25日以内、冬季(12〜3月)が産卵後57日以内とされています。実状はパック事業者と量販店、バイヤーの話し合いで決めておりパック後2週間(14日)程度を年間を通して賞味期限としている所が多いようです。

出典:日本卵業協会公式サイト Q&A ‘’

・消費期限を過ぎてしまった・・・捨てるべき?

上記のような理由から、「賞味期限」の切れた卵であっても、10℃以下の冷蔵庫の中で適切に保存された場合なら、加熱調理をすれば食べられないことはないようです。

が、大丈夫かなと心配しながら食べるより、できるだけ新鮮なうちに消費する方が安心ですよね。

また、食中毒防止の観点から、抵抗力の弱い乳幼児やお年寄り、病気で免疫力の落ちている方などは、古い卵は避けましょう。


メイン料理からおつまみまで!卵を使ったかんたんレシピ

おいしくて、お財布にもやさしい卵。底値のときにまとめ買いしても、新鮮なうちにじょうずに使いまわせるよう、暮らしニスタに届いているとっておきの卵レシピをご紹介します。

温サラダに巣ごもり玉子でとろたまドレッシング♡簡単!シンプルで美味しい!【アスパラガスの巣ごもり卵】

【材料 (3人分)】
アスパラ…10本
オリーブオイル…大さじ1
塩…少々
ブラックペッパー…少々
粉チーズ …適量
卵…2個

旬のアスパラを温サラダにして、巣ごもり卵でとろたまドレッシング風にいただきます♪
わざわざドレッシングを作らなくても、チーズをまぶした半熟の目玉焼きがソースがわりになって、いい仕事をしてくれます!フライパンひとつでできて、超簡単なのも嬉しいですね。

https://kurashinista.jp/articles/detail/56646

ビールが進む!卵とろりん♪オイバタニラ玉

【材料 (2〜3人分)】
ニラ…1束
卵…L4個
カニカマ…6本
◎オイスターソース…大さじ1/2
◎創味シャンタン缶…小さじ1/2
◎塩、コショウ…各少々
◎バター…小さじ1
白ごま…適量
サラダ油…適量

卵4個!たっぷり使った、栄養満点のニラ玉です。いつものニラ玉にほんのりバターがきいて、ご飯もビールもすすみまくり♪ 卵には完全に火を通さず、半熟部分を残して、トロトロの食感を楽しむのが通!ですね。

https://kurashinista.jp/articles/detail/61198

黄身とろミートローフ

【材料 (4人分)】
牛挽肉…400g
卵(ゆで卵用)…4個
玉ねぎのみじん切り…小1個分
バター…大さじ1
全卵…1個
味付け用とんかつソース…大さじ3
パン粉…30g
ヨーグルト…大さじ3
赤ワイン…150ml
とんかつソース…大さじ4
ケチャップ…大さじ1
醤油…小さじ1
塩…少々
こしょう…適量

茹で時間に注意して作った、卵黄がトロトロ状のゆで卵。ジューシーで柔らかなミートローフを切ると、中からとろりと黄身が流れてソースのよう。肉汁と黄身をからめながら食べると最高です!

https://kurashinista.jp/articles/detail/57344

大人気ぺぺたまの進化版★クセになる★絶品!ホーベーたま(ほうれん草とベーコンの卵とじパスタ)

【材料 (1人分)】
パスタ…80〜100g
ベーコン…25g
ほうれん草…30g
卵…2個
オリーブオイル…大さじ1
茹で汁…大さじ1
白だし…小さじ2
醤油…小さじ1
バター…10g
ブラックペッパー…適量
塩…適量

ペペロンチーノを卵であえる、卵かけご飯のイタリア版(?)「ぺぺたま」を、和風パスタの定番、ほうれん草とベーコンのしょうゆ味でアレンジ。フレッシュな卵なら、ほとんど生のとろっとろ状態でからめると激ウマ♡ 作り方を応用すれば、他にも卵と色々なパスタとの組み合わせが楽しめそうです。

https://kurashinista.jp/articles/detail/52670

たこ焼き器で大量生産!お花見に持って行きたい「一口とん平チーズ焼き(菜の花入り)」

【材料 (24個分)】
☆卵…10個
☆鰹節使い切りパック…2袋
☆おろしにんにく(チューブタイプ)…小さじ1/2杯
☆マヨネーズ…大さじ2杯
☆薄口醤油…大さじ1杯
豚細切れ肉…200g
シュレッドチーズ(ピザ用チーズ)…100g
菜の花…40g
塩胡椒…少々
トッピングの材料
おこのみソース…適量
ケチャップ…適量
マヨネーズ…適量
マスタード(なくてもOK)…適量
青のり…適量
※別途、油を適量ご用意ください

ふわふわの卵がおいしい「とんぺい焼き」を、たこ焼き器で作ってお弁当に。卵10個で24個のコロコロとんぺい焼きが出来上がります。菜の花は季節の葉物野菜やネギなどで代用可。プチプラでおいしいおつまみ&おやつがたっぷり楽しめますね。

https://kurashinista.jp/articles/detail/45577

まとめ

大抵冷蔵庫に入っていて、切らすと不安になる卵。余ってしまうようなことは滅多にないですが、色々なレシピに登場させて、おいしく使い切りたいですね。

文/伊波裕子


関連記事

暮らしニスタの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る