こんにちは!家事コツ研究員のOです。

卵は、栄養価が高くて低価格、しかも、焼いてよし、茹でてよし、生でも味わえるので、食卓に並ばない日はありません。

そんな万能な卵でも、毎日食べているとたまにはちょっと違うアレンジで楽しんでみたくありませんか?

そこで今回ご紹介するのは、JA全農広報ツイッターで紹介され、かなり話題になったレシピです。

今までにもありそうなのに、なぜかなかったこのアレンジ方法。簡単すぎるけれど食べるとどっぷりハマるおいしさですよ☆

○○風ゆで卵の作り方

では早速作り方をご紹介します。まずアレンジするために必要なゆで卵を作ります。

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰してきたら卵をその中に入れます。ふつふつとした状態を保ちながら今回はしっかりめのゆで卵を作りたいので、13分ほど茹でます。

茹でているときに、時々菜箸などで転がすと黄身がきれいに真ん中で固まってくれますよ。

茹で上がったら鍋から卵を取り上げ、冷水の中に入れます。急激に冷やすことで殻がむきやすくなるんです♪

ほら、こんな感じで殻がつるんとキレイにむけました^^

さぁ、ここからが今回のポイントとなるアレンジ方法です。

と言っても、やることはとっても簡単!

殻をむいたゆで卵にたこ焼きソース、マヨネーズ、青のり、かつおぶしをかければOK☆

出来上がりはこんな感じ

そう、今回のアレンジとは、ゆで卵を「たこ焼き風」にすることなんです!形は同じ○なのに、この発想はなかったですよね^^

見てください、本体は白いけれど見た目はたこ焼きですw

早速食べてみると、淡白なゆで卵とソースやマヨネーズがマッチしておいしい!

もちろんタコは入っていないので正確にはたこ焼きではないんですが、この組み合わせで食べているとなんだかたこ焼きを食べているような感じになるのが不思議です^^

いつもだとゆで卵1個で結構おなかがいっぱいになるんですが、ソースが食欲をそそり、これなら2つくらいは簡単に食べられます♪

物足りないときの+1品に

卵はいつも冷蔵庫に常備している食材で、ゆで卵もよく作ってはいましたが、たいてい塩やマヨネーズをかけたりしてかなりシンプルな味付けで食べていました。

でも今回、たこ焼き風にするだけでおかず感が出て、とても重宝するレシピでした。あともう1品欲しいなというときに、茹でてかけるだけでできるのでオススメです!ぜひ試してみてくださいね♪

参考にしたサイト:JA全農広報部Twitter

取材・文/JUNKO