日本の狭い駐車場にオススメ! スライドドア車2018年販売台数ランキングTOP5

日本の狭い駐車場にオススメ! スライドドア車2018年販売台数ランキングTOP5

日本で売れているファミリーカーといえばスライドドアのミニバンです。狭い場所での乗り降りに有利なほか、小さなお子さんがいる家庭の必要装備です。そこで、自販連のデータから人気のスライドドア車5台を紹介します。

ファミリーユースに重宝するスライドドア車の販売台数TOP5

 小さなお子さんがいる家庭や大人数で移動する機会が多い方に、絶大な人気を誇るスライドドア車ですが、ミニバンやハイトワゴン系軽自動車ではもはや必須アイテムです。


商用ワンボックスで普及したスライドドアも、いまやファミリー層の必須アイテムに

 乗降のしやすさや、狭い場所でも気軽にドアを開けられる利点があるスライドドアは、一度使うともう戻れません。

 そこで、自動車ディーラーの全国組織である「日本自動車販売協会連合会」の販売データから、スライドドアの登録車に絞って2018年1月から12月までの販売台数TOP5を紹介します。

●1位 日産「セレナ」9万9865台 前年比118.3%


日本で一番売れたミニバン日産「セレナ」

 1991年に初代「セレナ」が登場し、現行型は2016年から販売を開始した5代目にあたるモデルです。

 2018年には、日産「ノート」と同様のハイブリッドシステム「e-POWER」搭載モデルの販売を開始して人気に火がつき、2018年のミニバン販売台数トップに躍り出ました。

 ボディ形状は5ナンバーサイズの標準モデルと、バンパーやサイドモールが専用部品で3ナンバーサイズとなる「ハイウエイスター」があり、搭載するエンジンは2リッターガソリンエンジンと、モーターがエンジンをアシストするマイルドハイブリッドの2リッター「Sハイブリッド」、そして1.2リッター「e-POWER」があります。

 乗車定員は「e-POWER」のみセカンドシートがキャプテンシートとなる7人乗りで、その他のモデルは8人乗りに。さらに「Sハイブリッド」には4WDが用意されています。

 価格はガソリン車が244万800円(消費税込、以下同様)、「Sハイブリッド」が250万4520円から、「e-POWER」296万8920円からです。

 また、カスタマイズバージョンの「セレナ オーテック」や、スポーティな「セレナ NISMO」もあります。

●2位 トヨタ「シエンタ」9万4084台 前年比97.1%


2列シートもラインナップして購買層の拡大を狙ったトヨタ「シエンタ」

「シエンタ」はトヨタが発売するコンパクトサイズミニバンです。初代は2003年にデビューし、2代目となる現行モデルは2015年に販売を開始しました。

 サードシートをセカンドシート下に収納するというユニークな構造で、収納時は荷物を積みやすいフラットな荷室形状を実現し使い勝手を向上させています。 

 パワートレインは1.5リッターガソリンエンジンと1.5リッターハイブリッドをラインアップします。

 当初は3列シート車のみで、乗車定員は6人乗りと7人乗りモデルがありましたが、2018年のマイナーチェンジで5人乗りの2列シート車「FUNBASE(ファンベース)」が登場しました。

「FUNBASE」ではセカンドシートを折りたたむことで、広くフラットな荷室を作り出すことができ、大きな荷物を積むことや車中泊にも最適となっています。

 価格はガソリン車2列シートが177万6600円から、3列シートが181万6560円から。ハイブリッド車2列シートが218万7000円、3列シートが222万6960円からです。

●3位 トヨタ「ヴォクシー」9万759台 前年比102.3%


シリーズ累計だとベストセラーなミニバンのトヨタ「ヴォクシー」

 トヨタ「ヴォクシー」はミドルサイズのミニバンで、販売チャネルの異なる兄弟モデルに「ノア」「エスクァイア」があり、この3モデルの登録台数を合算すると実質の販売台数で「セレナ」を大きく上回ります。

 2001年に初代「ヴォクシー」がデビューし、現行モデルの3代目は2014年に販売を開始。パワートレインは1.8リッターハイブリッドと2リッターガソリンエンジンです。

 ボディ形状は5ナンバーサイズの標準ボディと、前後バンパー、サイドモールなどの形状違いにより3ナンバーサイズのグレードがあります。

 乗車定員は8人乗りと、セカンドシートがキャプテンシートとなる7人乗りで、価格はガソリン車が250万9920円から、ハイブリッド車が300万3480円からです。

 また、カスタマイズされた「煌<きらめき>」や、スポーティな「GR SPORT」があります。

2列シートのみのコンパクトミニバンもランクイン

●4位 トヨタ「ルーミー」8万6265台 前年比109.6%


比較的安価で使い勝手のよいコンパクトカーのトヨタ「ルーミー」

 トヨタ「ルーミー」は2016年に販売が開始されたエントリークラスのコンパクトミニバンで、乗車定員は2列シートのみの5名です。

「ヴォクシー」同様、販売チャネル違いで「タンク」があり、もともとはダイハツ「トール」のOEM車でもあります。ほかにもスバルが「ジャスティ」として販売中です。

 搭載するエンジンは1リッター自然吸気と、1リッターターボがあり、それぞれ標準モデルと若干精悍な顔立ちの「カスタム」がラインアップされています。

 後部座席は別々にスライド可能な6:4分割可倒式を採用し、畳んだ際にはフラットな荷室が現れますので、高さがあるものや大きくかさばる荷物も積みやすい設計に。

 また、コンパクトなボディながら低床フロアにより、広い居住空間を実現しているのも特徴です。

 価格は自然吸気モデルが146万3400円から、ターボモデルが180万3600円からと、かなり抑えた価格設定となっています。

●5位 ホンダ「フリード」8万4121台 前年比80.6%


バリエーションも豊富で様々なニーズに応えるホンダ「フリード」

 ホンダ「フリード」は、2001年から2008年まで販売していた「モビリオ」の後継車として2008年にデビューしたコンパクトミニバンで、現行モデルは2016年から販売を開始した2代目です。

 ラインアップは3列シート6人乗り、および7人乗りの「フリード」と、2列シートの「フリード+ (プラス)」があり、それぞれ1.5リッターガソリンモデルと、1.5リッターハイブリッドモデルが用意され、それぞれ4WDを選ぶことができます(一部グレードを除く)。

「フリードプラス」は5人乗りとなりますが、高さのある荷物や、車内で体を横にすることも可能ですから、アウトドアにも向いたモデルとなっています。

 価格はガソリン車の「フリード」が188万円から、「フリード+」が190万円から。ハイブリッド車の「フリード」が、225万6000円から、同じく「フリード+」が227万6000円からです。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索