スマートから、ガソリンモデル最後の特別仕様車が登場

スマートから、ガソリンモデル最後の特別仕様車が登場

メルセデス・ベンツは、シティ・コンパクト「スマート」の特別仕様車「スマート フォーツー ブラックシルバーエディション」と「スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション」を発表。2019年4月19日より、全国のメルセデス・ベンツおよびスマート正規販売店ネットワークより販売します。

ガソリンモデル最後の特別仕様車

 スマートは、最小限のボディサイズに最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したマイクロコンパクトカーとして1998年にデビューし、全世界累計販売台数は220万台以上。日本でも4万台以上を販売し、多くのファンに愛されるモデルです。

 そんなスマートから、2019年4月19日「smart fortwo BlackSilver edition(スマート フォーツーブラックシルバーエディション)」と「smart cabrio WhiteBrown edition(スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション)」の2つの特別仕様車が登場しました。

 次期モデルより電気自動車専用ブランドとなることが決まっているスマートにとって、この2台はフォーツー/カブリオ共にガソリンモデル最後の特別仕様車となる予定です。


スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション

 今回発売となった特別仕様車は、最高出力90馬力、最大トルク135N・mを発生する「 スマート フォーツー ブラバス スポーツ 」 のパワートレイン を搭載。

「スマート フォーツーブラックシルバーエディション」(全国限定50台)にはブラックとシルバーマットを基調とした専用装備が、「スマート カブリオホワイトブラウンエディション」(全国限定30台)にはホワイトとブラウンを組み合わせた専用装備が施され、通常は設定の無い「スマート ブラバス テーラーメイド」プログラム専用装備が採用されています。

シックなクーペモデルと、華やかなカブリオモデル

 スマート フォーツーブラックシルバーエディションの主な特長は、専用のアルミホイールにフロントスポイラー、サイドスカート、ドアミラー、リアディフューザーを施され、ブラックのボディにシルバーマットをアクセントとして取り入れていることで、シックでスポーティな外観に仕上がっています。

 さらに、ブラックのファブリックシートや専用のインテリアトリムおよびハンドル。トップパフォーマンスモデル ブラバスのパドルシフトとブラバスロゴ入りベロアマットを採用するとともに、フルカスタムオーダープログラム「テーラーメイド」専用装備のシフトノブやパーキングブレーキハンドル、スポーツペダルなどを取り入れていて、外観の世界観が内装にも踏襲されています。


スマート フォーツーブラックシルバーエディション

 スマート カブリオホワイトブラウンエディションの主な特長は、専用のアルミホイールやディフューザー(グレーマット)、ブラウンのソフトトップなどを採用することで、ホワイトの中にブラウンが映える上品な外観です。

 さらに全体的にブラウンに統一された内装に、本特別仕様車専用となるブラウンとブラックを組み合わせたレザーツインシートやブラウンのダッシュボードを取り入れ、フルカスタムオーダープログラム「テーラーメイド」専用装備のシフトノブやパーキングブレーキハンドルなども採用。それらがアクセントとなり、ソフトトップを閉じた状態はもちろんのこと、オープンドライブの際にも華やかな内装を楽しむことができるデザインとなっています。

 価格はスマート フォーツー ブラックシルバーエディション299万円(消費税込)、スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション316万円(消費税込)、全国限定合計80台の販売です。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索