トヨタの主力セダン約50年の歴史に幕「マークX」年内で生産終了へ

トヨタの主力セダン約50年の歴史に幕「マークX」年内で生産終了へ

トヨタは、マークXの生産を年内をもって終了すると発表しました。マークXの前身モデルとなるマークII以来、50年以上にわたり愛され続けたトヨタの主力セダンが、2019年12月をもって生産終了となります。

数々の専用装備を与えられた特別なマークXが登場

 トヨタは、「マークX」の生産を年内をもって終了すると発表しました。マークXの前身モデルとなるマークII以来、50年以上にわたり愛され続けたトヨタの主力セダンが、2019年12月をもって生産終了となります。


トヨタ マークX「250S“Final Edition」

 マークXは、1968年に発売した前身モデルであるマークIIの後継モデルです。マークIIは登場して以来50年以上にわたり愛され続けましたが、2019年12月をもって生産終了となります。

 ファミリーカーから始まったマークIIは時代の変化を敏感に察知し、容姿も進化させながらFRセダンの中心的存在として歩んでいました。2004年にマークXに改名された以降は、さらなる高みを目指し、「美しく」そして「意のままの走り」ができるクルマとしてその名を刻んでいましたが、いよいよその歴史に幕を閉じることになります。

 また、トヨタは生産終了を発表したマークXに、特別仕様車「マークX 250S ファイナルエディション」の設定も発表しました。この特別仕様車は、外装はスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を創出。外板色には、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの全3色を設定しています。

 内装には、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たせています。

 また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備し、デザインだけでなく安全性能の充実を図った仕様としています。

 マークXの特別仕様車「250S“Final Edition(2WD)」の価格は、消費税込みで333万1800円、「250S Four“Final Edition”(4WD)」の価格は、消費税込みで348万9480円となっており、エンジンはV型6気筒2.5リッターガソリンエンジン、トランスミッションは6ATで統一されています。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索