スイッチ引けば9秒で屋根オープン! フォルクスワーゲンのSUV「T-Roc」にカブリオレ登場

スイッチ引けば9秒で屋根オープン! フォルクスワーゲンのSUV「T-Roc」にカブリオレ登場

ドイツのフォルクスワーゲンAGは、コンパクトSUV「T-Roc」(日本未発売)にカブリオレを追加、9月12日からドイツで開催されるフランクフルト国際モーターショー(IAA)でワールドプレミア(世界初公開)されます。

電動ソフトトップを持つBセグメント・コンパクトSUV

 ドイツのフォルクスワーゲンAGは、コンパクトSUVモデル「T-Roc」(日本未発売)に、ソフトトップを持つオープンモデル「T-Rocカブリオレ」を追加、2019年9月12日から22日にドイツ・フランクフルトで開催されるフランクフルト国際モーターショー(IAA)で世界初公開されます。

 T-Rocカブリオレは、後席を持つ4シーターのSUVオープンモデルです。

 フォルクスワーゲン「ビートルカブリオレ」や「ゴルフカブリオレ」の伝統にならい、クラシカルなソフトトップを採用しています。スイッチ操作ひとつで全自動にルーフが開閉可能で、わずか9秒でオープンにすることができます。

 また、開閉動作は30km/hまでならば走行中も可能です。

 T-Rocカブリオレは横転の危険性があるとき、車両の傾斜をセンサーで検知して、後席後ろに「ロールオーバープロテクション」と呼ばれる保護バーが瞬時にポップアップし、後席の安全性も確保しています。

 グレードは「スタイル」のほか、「R-Line(Rライン)」パッケージも用意されます。Rラインパッケージは、スポーティなRラインエクステリアおよびインテリアパッケージが組み込まれています。

 搭載されるエンジンは、115馬力を発生する1リッター直列3気筒ターボ、および150馬力を発生する1.5リッター直列4気筒ターボと、2つのパワートレインを用意しています。組み合わされるトランスミッションは、6速MTおよび7速DSG(DCT)です。

 T-Rocカブリオレの欧州での発売は、2020年春の予定です。日本への導入はアナウンスされていません。

※ ※ ※

 T-Rocカブリオレのベースとなる「T-Roc」は、2017年に欧州で登場した日本未導入のモデルです。

 全長4234mm×全幅1819mm×全高1573mmとBセグメントに属するSUVで、トヨタ「C-HR」や日産「ジューク」、アウディ「Q2」、ルノー「キャプチャー」など、いま世界的に流行しているジャンルの「コンパクトSUV」にカテゴライズされます。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索