GT-R顔で「スカイライン」復権? デザイン変更したセレナは大丈夫か

GT-R顔で「スカイライン」復権? デザイン変更したセレナは大丈夫か

クルマのデザインは、その時代に合わせて変わっていきます。しかし、当時人気だったモデルでもデザイン変更をした結果、人気が低迷することもあり、とくに日産車では過去にいくつかの車種がそのデザインによって浮き沈みしています。クルマのデザイン変更にはどのような背景があるのでしょうか。

日本が誇る「スカイライン」。なぜ人気が低迷したのでしょうか。

 クルマのデザインは人気の良し悪しを決める重大なポイントです。先代モデルでは人気だったのに、デザイン変更後のモデルでは、ユーザーから不評となり人気が低迷したクルマも存在します。

 とくに日産車では、過去にデザインの良し悪しで人気が低迷したモデルがいくつもありますが、具体的にはどのような点が不評となったのでしょうか。

●日産「スカイライン」

 日産「スカイライン」の歴史は古く、1957年の販売開始から2019年で62年の歴史をもち、現行モデルで13代目という息の長さを誇ります。そのスカイラインもまた、フェイスデザインの変更に苦戦を強いられた時期があります。

 1998年に発売した、「第2世代」といわれる10代目スカイライン(R34型)は、8代目スカイライン(R32型)から引き継ぐスッキリとしたデザインを踏襲しつつ、直線基調のデザインと吊り目タイプのヘッドランプをもつフェイスデザインが特徴的でした。

 スカイラインを冠した最後のモデルであるGT-R(R34型)とともに人気を博したものの、排出ガス規制非適合や日産の経営状況の悪化といった問題から、わずか3年で販売を終了することとなりました。

 その後継車として、2001年に登場した11代目スカイライン(V35型)は、往年のスカイラインファンからは受け入れがたいものでした。

 元々、V35型はスカイラインとは別モデルとして開発が進められており、1999年の東京モーターショーでは「XVL」という名前で出展がされたモデルです。

 そのためスカイラインの象徴といえる丸形テールランプの廃止や、アグレッシブなデザインが特徴的であった先代スカイラインから一転、落ち着きのある大人しすぎるデザインは、旧来のスカイラインファンからは不評を買い、同時に販売も低迷する要因となりました。

 その後、2006年から2014年まで12代目モデル(V36型)、2014年から現在まで13代目モデル(V37型)とフルモデルチェンジを繰り返していますが、かつての勢いはないといっても過言ではありません。

 しかし、2019年7月にはビッグマイナーチェンジがおこなわれ、現行GT-R(R35型)のフェイスデザイン寄りにデザインが変更されるとともに、13代目になった際にインフィニティエンブレムを装着していましたが、日産のエンブレム戻ったなど久しぶりの注目を集めています。

●日産「マーチ」

 日産を代表するロングセラーコンパクトカーである「マーチ」もまた、デザインの変更に泣かされたクルマの1台です。

 2002年に登場した3代目マーチ(K12型)は、カルロス・ゴーン氏が日産のCEO着任後に初めて開発された車種として注目が集まりました。

 販売台数においては、当初の月間目標台数8000台を上回る月平均1万4000台を記録し、人気車種へと躍り出ます。また、ルノーとの共同開発によって開発された新プラットフォームを初採用したモデルです。

 デザインにおいては、くりっとした丸みを帯びたヘッドランプを搭載するカエルのような可愛げのあるフェイスが国内外で人気を博しました。

 その後、ライバル車の登場などにより爆発的ヒットとまではいかないものの、販売台数をコンスタントにキープする日産の定番コンパクトカーとしての地位を確立します。

 しかし、2010年に登場した4代目マーチ(K13型)は、先代で評価を得たユニークなデザインから一転、低価格かつシンプルなクルマとして登場した結果、ユーザーからの評価は芳しくありませんでした。

 とくに、K12型の高いデザイン性を踏襲する形で設計された外観デザインは細部の修正にとどまり、逆に前時代的な特徴のない外観に見え、先代マーチの持つユニークな特性を打ち消す結果となります。

 2010年の販売開始から2019年で9年が経過しましたが、1か月の販売は1000台前後に留まっており、日産の定番コンパクトカーとは呼べない存在となっています。

定番デートカー人気なぜ急落? マイチェン「セレナ」は大丈夫か

●日産「シルビア」

 バブル期に若者や走り屋を中心に爆発的な人気を誇った日産「シルビア」も、モデルチェンジにより人気を低迷させたクルマのひとつです。

 1988年というバブル景気で潤う日本にて販売が開始された5代目シルビア(S13型)は、若者を中心に人気を誇りました。

「若い男女のカーライフをお洒落に演出する、センス良く、走りが楽しい2ドアスタイリッシュクーペ」がコンセプトのスペシャリティカーとして愛され、同時に走りの性能やカスタマイズのしやすさから当時の走り屋にも人気が高いクルマです。

 また、デザイン面における評価も高く、流麗でスタイリッシュなデザインは1988年のグッドデザイン賞を受賞しています。

 その人気を誇ったS13型の名実を受け継ぐ形で1993年に登場したモデルが、6代目シルビア(S14型)でした。しかしながらその評価はS13型から一転することになります。

 プラットフォームこそ先代のものを使用しているものの、5ナンバーから3ナンバー車へとなったことで車体は大型化し、さらにフェイスデザインも丸みを帯びた柔らかなデザインへと変更され、販売台数が低迷する要因となりました。

 その結果を受け、1998年に後期型へとモデルチェンジをおこない、不評であった「たれ目」のデザインからスタイリッシュな「吊り目」を採用したフロントデザインへ変更することで人気の回復も図るも、一度ついたイメージは払拭できず、売上げの回復には繋がりませんでした。

※ ※ ※

 日産車以外でも、人気モデルから一転して販売が低迷するモデルはいくつも存在します。有名なところでは、トヨタの「プリウス」です。

 プリウスは、誕生から22年を迎え、累計販売台数400万台を超える人気モデルですが、一時販売が低迷した時期がありました。

 歴代モデルのなかで、もっともユーザーからの人気を誇ったモデルが3代目プリウスです。2009年から2016年までの総販売台数は227万台の大ヒットを記録。シンプルで親しみやすいデザインと、エコカー減税や補助金といった背景をもとに販売台数を伸ばします。

 しかし、4代目プリウスでは商業面で苦戦を強いられます。3代目のようなシンプルなデザインから一転した斬新かつ個性的なフェイスデザインは従来のプリウスユーザーから受け入れられませんでした。

 そのため、販売開始から3年後の2018年12月にトヨタはマイナーチェンジをおこない、賛否両論を呼んだデザインをよりシンプルなものへと変更することで、2019年上半期(1月から6月)の販売台数(軽・輸入車除く)では、1位に輝いています。

 そうしたなか、売れ筋ミニバンの日産「セレナ」が、2019年8月1日にマイナーチェンジをおこないました。セレナは、強豪が多いミニバン市場で人気のモデルです。

 とくに、電動パワートレイン「e-POWER」を追加した後では、販売台数を大幅に伸ばしています。今回のマイナーチェンジでは、「ダブルVモーショングリル」を始め、迫力のあるデザインへ一新したました。

 前述のように、デザインの変更から人気低迷に繋がるかどうかは今後の販売台数でわかりますが、売れているモデルのデザイン変更は、自動車メーカーの賭けともいえそうです。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索