未来のスズキ車は形が変化する? ワクワクをシェアする「ワクスポ」とはどんなクルマ?

未来のスズキ車は形が変化する? ワクワクをシェアする「ワクスポ」とはどんなクルマ?

スズキは、東京モーターショー2019において、新型とみられる「ハスラーコンセプト」やパーソナルコンパクトPHEV「ワクスポ」を世界初公開します。スズキブースは、どのような内容になるのでしょうか。

ボディ形状がスイッチひとつで変形する?

 スズキは、「第46回東京モーターショー2019(2019年10月24日から11月4日)」にて、新型とみられる「ハスラーコンセプト」やパーソナルコンパクトPHEV「ワクスポ」を世界初公開します。

 スズキブースでは、クルマやバイク、電動車いす、マリン製品を展示。メインステージには、参考出品車として、ワクワクをシェアリング可能なパーソナルコンパクトPHEV「ワクスポ」がお披露目されました。

 ワクスポは、「いつでも、誰でも、どこへでも。楽しさ、ワクワクをシェアリング」をテーマにしたコンセプトモデルで、Aセグメントのコンパクトボディに車体形状(リア部分)やフロントマスク、インテリア表示を切り替えるワクワクスイッチを搭載します。

 ひとりひとりの楽しさやワクワクに応えてクルマが変化し、みんなで共有できる未来の「小さなクルマ」を提案。

 外観デザインは、コンパクトなボディサイズをベースにフロントマスクやインテリア表示をスイッチひとつで切り替えることが可能で、ひとりひとりの楽しさやワクワクさに合わせてクルマが変化し、みんなで共有できます。

 また、スイッチ操作によってボディ後方の形状をドライバーの用途に合わせてクーペスタイルからワゴンスタイルを自動を変形でき、ボディサイズは、全長3700mm×全幅1650mm×全高1430mm、乗車定員は4名という仕様です。

 鈴木俊宏スズキ代表取締役社長はワクスポについて「ワクスポは、いつでも・だれでも・どこでもワクワクをシェアリングできる、プラグイン・ハイブリッドカーです。

 また、スイッチひとつで、フロントフェイスとリア形状が変化できます。

 ぜひ、家族でドライブして、ワクワクをシェリングしてほしいという思いで作りました」と、語りました。

※ ※ ※
 
 また、同じ未来のコンセプトモデルとして、誰もが自由に移動時間と、ほどよい空間を有効活用できるモバイルルーム自動運転車の「ハナレ」も展示されています。

 ボディサイズは、全長3900mm×全幅1800mm×全高1900mmとなり、駐車場や狭い場所に自由自在に出入りできる扱いやすい前後対称の外観デザインです。

 このハナレは、家の「離れ」のようなこだわりのプライベート空間と、遊びのベース拠点になる繋がりの開放的な場所に変化します。

 室内には、ハンドルやインパネなどは無く、クッションが回転して自由な座り方ができるソファーシートを採用。そのため、リビングのような温かみを感じる空間です。

 また、室内中央の大型モニターでは、車両操作や目的地設定がおこなえるほか、ゲーム、映画、風景などを表示して多彩な移動の楽しさやワクワク感を提案します。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る