軽自動車サイズのEVカーを日産がつくる!? 「ニッサンIMk」はシティコミューターの未来像

軽自動車サイズのEVカーを日産がつくる!? 「ニッサンIMk」はシティコミューターの未来像

日産は第46回東京モーターショー2019で、電気自動車のコンセプトカー「ニッサン IMk」を公開しました。ニッサン IMkは、軽自動車クラスのコンパクトなボディサイズの革新的なシティコミューターです。

日本サイズの電気自動車「ニッサン IMk」は、日産が考える未来のシティコミューター

 日産は第46回東京モーターショー2019で、軽自動車クラスの電気自動車のコンセプトカー「ニッサン IMk」を公開しました。これまでの常識を覆すEVならではの力強くスムーズな走りと高い静粛性を実現した革新的なシティコミューターです。
 
 日産のグローバルマーケティング&セールス、グローバルEV事業を担当する星野朝子副社長は次のように述べました。
 
「『ニッサン IMk』は、EVだからこそ得られる静かでダイナミックな走りにより、快適でストレスフリーな移動の時間を楽しむことができます。シームレスな操作によってより直感的でいつでもクルマとつながっているという、今までなかった体験をお客さまにご提供します。そして、『ニッサン IMk』そのものがドライバーにとってお気に入りの空間となり、暮らしのなかでなくてはならない場所になるでしょう」

 ニッサンIMkは、軽自動車のボディサイズという日本の暮らしのなかでちょうどよい大きさの電気自動車を目指しました。
 
 軽自動車だと非力に感じてしまうシーンでも、モーター駆動ならではのレスポンスよいパワフルでスムーズな加速により、ストップアンドゴーや車線変更が多い街なかでの走行や、上り坂を走るときなど、あらゆるシーンにおいて軽自動車の常識を変える走りを提供します。

 さらにニッサン IMkは、運転支援技術「プロパイロット 2.0」を進化させた次世代の運転支援技術が搭載されています。
 
 高速道路での運転支援から主要幹線道路に利用範囲を拡大し、幅広いシーンでドライバーの運転をサポート。さらにスマートフォンを使ってクルマを自動的に駐車することができる「プロパイロット リモートパーキング」や、クルマから降りると無人の状態のニッサン IMkがみずから空きスペースに駐車し、必要なときにドライバーがスマートフォンで呼ぶとドライバーのもとまで迎えに来るドライバーレスバレーパーキング機能を搭載しています。
 
 初心者でも数々の運転支援機能により安全で快適なドライビングを楽しめ、日産の先進技術ですべてのドライバーがあらゆるシチュエーションで安心して運転できるようにサポートされています。
 
 また、ニッサン IMkは最新のコネクティビティ機能を搭載し、クルマと社会、ドライバーがいつでもシームレスに繋がるのが特徴です。
 
 スマートフォンと連携することでドライバーを認証し、シートポジションや好みの香りなど、パーソナライズされたセッティングに自動的に変更します。また乗車前にエアコンやステアリングヒーター、シートヒーターなどを作動させ、あらかじめ快適な車内空間をドライバーに提供します。
 
 ドライバーのスケジュール管理ソフトとも連携し、交通状況を常に考慮して、事前に渋滞しそうなときはスケジュールに間に合うように出発時間をスマートフォンで通知することもできます。
 
 目的地に到着すると、ドライバーレスバレーパーキング機能により自動で空いているスペースを探して駐車し、V2X(Vshicle to Everything)を搭載しているニッサン IMkは、駐車中でもドライバーのスケジュールや次の目的地を事前に把握することで、ドライバーの次の移動までもシームレスにサポートします。
 
 さらにその後の移動に必要な電気を残しながら、V2H(Vehicle to Home)の機能を通して家庭やオフィス、地域社会のエネルギーマネージメントに貢献します。

カラー、デザインともに日本のDNAがたっぷり盛り込まれた「ニッサン IMk」

 デザインを統括したエグゼクティブ デザイン ダイレクターの田井 悟氏は次のように語りました。
 
「『ニッサン IMk』は、新しい時代の小型EVとして、都市の洗練された景観にも、日本の伝統的な街並みにも自然に溶け込むようにデザインしました。『ニッサン IMk』は日本のDNAが持つモダンでクリーンな佇まいとEVの先進技術とを融合し、これまでの概念にとらわれることなく、日本の文化にあわせて考え抜かれています。上質な小型EVとして、より多くのお客さまにお乗りいただきたいと思っています」

 エクステリアデザインはシンプルかつミニマルにまとめられ、フロントからボディサイド、リアへと滑らかに面や線が流れるようにつながっています。
 
 車体色は日本古来より使われている金属で、日本の文化に由縁のある「アカガネ」(赤金、一般的に「銅」のことを指す)を採用し、細部に至るまで日本のDNAを取り込んだ表現を施しています。
 
 バンパーやホイール、タイヤ、テールランプ、ルーフには「水引」模様の流れの美しさにヒントを得たスリットパターンが採用されています。
 
 フロントグリルやリアコンビランプは木組みを模したような格子パターンが表現されています。
 
 インテリアは、これからの自動運転の時代に向けて、運転のための空間から快適な時間を過ごす「部屋」としての空間へ変化することを意識して開発されています。
 
 直線やシンプルな曲面を使って構成された空間は、クリーンでモダンな「部屋」を表現し、「アカガネ」のアクセントはそこに上質さと艶やかさを加えています。
 
 インストルメントパネルにはスイッチ類は一切なく、必要な情報はプリズムディスプレイのなかで、情報が空中に浮かび上がるかのように映し出されます。プリズムディスプレイの手前と向こう側を視覚的に連続させるデザインは、日本家屋の縁側や障子にヒントを得ており、奥行きや広さを感じさせ、リラックスできる楽しい空間を創り出しています。

※ ※ ※

 ニッサンIMkは、電動化やコネクティビティなどの進化した技術により「ニッサン インテリジェント モビリティ」の新たな方向性を提示するEVコンセプトカーです。
 
 日産がこれからどのような革新的な先進技術を搭載するクルマを開発、市場投入していくか、非常に期待をもたせるコンセプトカーです。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る