トヨタ マークXやエスティマが生産終了! 車種統合迫る中でも残るモデルとは

トヨタ マークXやエスティマが生産終了! 車種統合迫る中でも残るモデルとは

トヨタは、2020年5月を目処に、販売チャネル毎に取り扱っていたモデルを全店舗で扱えるようにするとしています。その流れで、いままでチャネル専用モデルとしてラインナップしていた、アルファード/ヴェルファイアなどはどちらかに統合される可能性があるといいます。では、今後のトヨタ車で「残る・残らない」モデルはどうなるのでしょうか。

トヨタ販売網の大変革で生き残るモデルとは

 トヨタは、2019年内でセダンモデル「マークX」とミニバンモデル「エスティマ」の生産を終了しました。そして、2020年5月にはこれまで販売店ごとに分けていたモデルを全店で取り扱えるようにしています。

 また、将来的には、現在約60車種ほどのラインナップを半分近くまで減らすとしていることから、さらなる生産終了モデルが出てくることが予想されます。今後、どのようなモデルが生き残るのでしょうか。

 トヨタの販売会社には、現在4つの販売チャネル(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)が存在。それぞれの販売チャネルでは、ユーザーのライフスタイルやニーズに促した取扱商品をラインアップを取り扱っています。

 複数の販売チャネルを持つ販売体制は、かつてホンダや日産、マツダなど各自動車メーカーがおこなっていましたが、2010年頃を最後にどのメーカーも販売チャネルを統合しました。

 そんななかトヨタだけは、4つの販売チャネルを保っていましたが、2019年4月に東京都内の販売チャネルを統合し、全店舗で全トヨタ車が取り扱えるようになっています。

 一見、ユーザーからするとどの販売店でも購入・整備が可能になることからメリットが大きいように見えますが、各販売会社で上手く棲み分けができていた販売戦略が複雑化するほか、販売台数面にも影響が出るのではないかといわれています。

 2019年1月から9月に国内で販売された登録車の市場シェアでは、トヨタ(レクサス含む)は全体の47%に達しています。直近の10月登録車販売台数ランキングの上位10台を見ても、6位に日産「ノート」がランクインする以外はすべてトヨタ車です。

 そのなかには、同じダイハツ「トール」をベースとしたOEM車の「ルーミー(トヨタ店・カローラ店)」と「タンク(トヨペット店・ネッツ店)」や、「アルファード(トヨペット店)」、「ヴォクシー(ネッツ店)」といったトヨタの販売チャネル専用車がランクインしています。

 しかし、現状の販売面ではトヨタ車同士の競争も起きているといい、現状のトヨタブランド内の販売事情について、販売店のスタッフは、次のように説明しています。

「売れ筋ミニバンの『ノア』が値引きなどで競争する相手は、兄弟車の『ヴォクシー』が圧倒的に多いです。次が日産の人気ミニバン『セレナ』です。ホンダのミニバン『ステップワゴン』とは、ほとんど競いません。

 トヨタのコンパクトミニバン『シエンタ』も、トヨタのほかの販売系列が扱うシエンタとの競争が多くなり、その次がホンダのコンパクトミニバンの「フリード」と競っています」

※ ※ ※

 また、トヨタのチャネル間での値引き競争にも発展していることもあるようです。そのため、メーカーとしては全店舗が全車を扱うようになると不要な競争が無くなるうえ、細かなニーズを捉えるためのモデルも減らすことができます。

 トヨタは、販売チャネルの統合について、「さまざまな顧客のニーズに応えられるほか、店舗を拠点にしたカーシェアなどの新サービスを展開していくため」と説明しています。

売れていても廃止になる? 「残る・残らない」の微妙なラインとは

 全店舗で全モデルの取り扱いや、モデル廃止・統合の手始めとして、前述のマークXやエスティマの生産終了がおこなわれたということです。では、今後のラインナップとして「残る・残らない」モデルはどうなるのでしょうか。
 
 販売チャネルの統合を経て、大幅なモデル整理がおこなわれた場合、ルーミー/タンク、アルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア/エスクァイアといったチャネル違いの兄弟車はどれかひとつに統合される可能性が高くなります。

 今後のモデルラインナップについて、前出とは別の販売店スタッフは次のように話します。

「現時点でどのモデルを廃止するまでの案内はありませんが、おおよその予想はできます。たとえば、マークXが廃止された背景には国内での販売低迷以外に、カムリの販売好調があります。セダンとして、クラウンとカムリが売れていれば、マークXを無くしても問題無いと判断したのかもしれません。

 実際、マークXのようなスポーティセダンを求めるお客さまに最近はカムリWSをお勧めしていることもあり、上手くその補填は出来ております。

 同じ様にカローラツーリングが出てきたことで、古い設計を持つプリウスαの存在も怪しくなってきいます。また、クラウンとカムリが売れていることから同じセダンのプレミオ/アリオンも怪しいです。

 さらに、ルーミー/タンクが売れている以上、コンパクトモデルのポルテ/スペイドやパッソも無くなるかもしれません」

 このように生産終了の可能性が高いモデルにあるいくつかの特徴が見えてきます。ひとつは、兄弟車としていくつかのモデルが存在する場合は、統合されるためにどれかが無くなります。

 ふたつめは、長くモデルチェンジをおこなっていないモデル。そして、みっつめは、同ジャンルで好調なモデルと不調なモデルに大差がある場合です。

 そのなかで、売れ筋の「アクア」は、2011年に5ナンバーサイズのハイブリッド専用モデルとして登場しました。

 その後、一部改良やマイナーチェンジを実施し燃費性能や安全性能を向上させてきたほか、SUVテイストを盛り込んだのグレード「Crossover」や走りに特化した「GRスポーツ」など、さまざまなニーズに対応するように進化してきましたが、フルモデルチェンジをおこなっていません。

 また、ベース車となる「ヴィッツ」が新型「ヤリス」にフルモデルチェンジしたことで、燃費性能を大幅に向上させています。

 そうすると、古くなりつつあるハイブリッドシステムを搭載するアクアは、売れているモデルながら生産終了になる可能性もあります。一部では、次期型アクアが登場するとも噂されていますが、現時点では「残る・残らない」の微妙なラインにいるのがアクアかもしれません。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る