日本は無理? 過激がウリの米カスタムカーショー大人気! なぜ盗難車から焦げた車まで展示するのか

日本は無理? 過激がウリの米カスタムカーショー大人気! なぜ盗難車から焦げた車まで展示するのか

米国で開催されるカスタムカーの祭典「SEMAショー」には、盗難車から焦げたクルマまで、一般的なモーターショーでは見られない個性豊かなクルマが展示されるといいます。いったいなぜ許されるのでしょうか。

ニュースを騒がせたマシンがまさかの出展!? 展示に至った経緯は

 毎年10月末から11月上旬に、火曜から金曜日の4日間でアメリカにて開催される「SEMAショー」には、日本や欧州をはじめとしたほかのモーターショーでは到底出展されることのない、ユニークな車両が多数登場します。

 日本の自動車メーカーのブースにも、普段では「ありえない」驚きの出展車が数多く登場しました。なぜSEMAショーでは、ほかのモーターショーでは見られない個性的なクルマが出展されるのでしょうか。

 筆者(加藤久美子)は、1990年代前半からたびたびSEMAショーの取材に出かけていますが、2019年の取材ではなんと盗難車が出展されているのを見ました。さすがに盗難車の展示を見たのは今回が初めてです。

 Quintin Brothers Auto and Performance(QB社)が制作したダッジ「チャレンジャー」は、SEMAショーに出展すべくラスベガスのホテルの駐車場に停めていたところ、盗難に遭いました。

 間もなくネバダ州ハイウェイパトロールやラスベガス警察のパトカー14台によって追跡が始まりますが、逃げられないと覚悟した犯人はパトカーにクルマをぶつけ、チャレンジャーは大破損。最高出力1000馬力以上にチューニングされたチャレンジャーが痛々しい姿になってしまいました。

 しかしQB社はこのチャレンジャーを「そのまま」出展することに決定。その理由を同社にたずねてみたところ、次のようにいいます。

「私達は、このチャレンジャーをSEMAショーに出展するという目的のためだけに、時間と費用をかけて作ってきました。盗まれ、破壊されたことはとても残念ですが、地元警察をはじめ多くの人々の協力と助けによってチャレンジャーは戻ってきました。現状を見てもらうためにそのまま出展することにしました」

 このニュースはCNNやFOXなど主要テレビ局のニュースでも大々的に取り上げられ、全米に放送されました。アメリカらしいともいえる、驚きの展示でした。

※ ※ ※

 次に紹介するのは、こちらもかなり「アメリカらしい」といえるかもしれない、北米市場向けのトヨタ「タンドラ」です。

 ランプ類の米国大手メーカーであるSPYDER社のブースには、車両右側が「焦げた」タンドラが出展されていました。ブースの担当者に話を聞いてみると、こちらは2018年11月にカリフォルニア州北部で発生した山火事の際、大活躍したタンドラということがわかりました。

 地域の病院で看護師長を務める男性が、迫りくる山火事から患者達を避難させ、炎のなかを自らも同僚と一緒に避難したときに、乗っていたクルマです。

 ランプ類は熱で溶けてしまいましたが、なんとこの状態でもライトは点灯して、自走も可能だったとのこと。米国トヨタはこの男性に、新しいタンドラを、この多くの人命を救ったタフなタンドラと引き換えにプレゼントしたのでした。

 ちなみにプレゼントされたその新しいタンドラも焦げたタンドラの隣に展示されていました。SPYDER社他数社の手によって、さらにヘビーデューティ―な仕様にカスタムされています。

日本メーカーからもぶっ飛びマシンが登場! 過激車両をなぜ展示できる?

 SEMAショーには、日本メーカーのブースにおいてもぶっ飛んだマシンが数多く展示されていました。

 そのなかの1台であるトヨタ「アヴァロンTRD Proコンセプト」は、米国TRDの40周年を記念して作られた、推定最高出力330HPを発揮する3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載した世界最速のFFフルサイズセダンです。

 全長1.8マイル(約2.9km)の「The Streets of Willow Springs」を1分25秒03で周回する速さで、ポルシェ「911」よりも速く、アストンマーティン「V12ヴァンテージS」と日産「GT-R」(R35型)の間に位置するレベルだそうです。

 また、ホンダ「シビックSi Drift Car」も出展されました。こちらはドリフト走行により競われるモータースポーツ「フォーミュラドリフト」を戦うために、FFからFRに換装されたシビックで、ギャレット製GTX3584RSターボを装着し最高出力926HP/最大トルク752Ib-ftを発生するVTECエンジンに換装されたモンスターマシンです。

 そして、日産は「グローバルタイムアタック TT 370Z」を公開。NISMOとZ1モータースポーツ(「370Z(日本名:フェアレディZ)」やGT-Rを中心に、日産車を幅広く対象とする米国の有名チューナー)の共同開発によって誕生した、タイムアタック仕様の日産370Zです。最高出力は750HPを誇ります。

※ ※ ※

 なぜ、ほかのモーターショーではできない過激な出展車両が、SEMAショーでは許されているのでしょうか。

 今回、取材を進めるなかで、日本メーカーの関係者は「日本では、東京オートサロンでさえも、メーカーブースでこのような過激な車両の出展はできませんが、SEMAショーなら何でもできますね」とコメントしていました。

 SEMAショーでは、自動車メーカーのブースに出展する車両であっても、ほとんどが北米の著名チューナーやビルダー、レーシングチームなどとのコラボ(または、完全委託)によって作られています。かなり過激なスペックを持つ展示車両がお披露目され、人気を集めます。

 また、SEMAには毎年、最終日に出展車両がパレードランを行う「SEMA IGNITED CRUISE」というイベントがあり、毎年大人気となっています。なかには、ものすごい大音量で音楽を鳴らしながら走行したり、「鉄道用」ホーンを鳴らしながら巨大なピックアップトラックが走行したり、すごくうるさいのですが警察官も楽しそうに交通整理をしています。

 どこかの国のように、改造車イベントのあとの会場周辺で、警察が不正改造車を一網打尽にするようなことは、おこなっていないように見受けられます(アメリカでも、著しい不正改造車は摘発されて改善命令が出されますが、SEMAショーの期間中は大目に見ているようです)。

 各国のモーターショーを「静」とすればSEMAはライブ感、リアル感満載の「動」のイベント。来場者と出展者の距離が近く、また基本はクルマ関連のプロ向けトレードショーなので、熱狂的なクルマ好きしかいないのもSEMAショーの特徴といえるでしょう。


関連記事

くるまのニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る