日産は、「GT-R」の特別モデル「Nissan GT-R50 by Italdesign」の納車を2020年後半に開始すると発表しました。すでに予約枠が残り僅かとなりつつある特別モデルとは、どんなクルマなのでしょうか。

50台限定の「GT-R」は一台一台が特別な「最高傑作」に!

 日産は、イタルデザインと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign(以下、GT-R50 by イタルデザイン)」の限定市販モデルの納車を2020年後半から開始します。

 通常仕様の「GT-R」とは異なるGT-R50 by イタルデザインとは、いったいどんなクルマなのでしょうか。

 GT-R50 by イタルデザインは、GT-Rとイタリアのデザイン会社「イタルデザイン」がそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念して共同開発したモデルです。

 ベースとなるのは最新の「GT-R NISMO」で、大幅にチューニングされた最高出力720馬力を発生する3.8リッターV型6気筒のVR38DETT型エンジンを搭載しています。購入者は、好きなボディカラーの組み合わせを指定し、あわせてインテリアカラーも選択することが可能です。

 GT-R50 by イタルデザインの生産台数は、限定50台となっています。日本における販売は、VTホールディングス株式会社のグループ会社であるエスシーアイ株式会社を通じておこなわれ、予約枠は残り僅かだといいます。

 今後、日本国内においても展示が予定されていて、プロトタイプが2019年12月8日に開催される「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2019」で披露されるほか、その後は東京・銀座の「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で、来年1月には東京オートサロン2020でも展示される予定です。

 日産のスポーツカー担当プログラム・ダイレクターのボブ・レイシュリー氏は、次のようにコメントします。

「我々のお客さまは、ハイパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドしていく、イタルデザインとの本プロジェクトが提供するパーソナライズされた素晴らしい体験を満喫しています。GT-R50 by イタルデザインは、一台一台がそれぞれ最高傑作になることでしょう」

 GT-R50 by イタルデザインは、各市場における認可手続きを経た後、2020年後半から2021年末にかけて納車される予定です。

 価格は99万ユーロからで、日本円に換算すると約1億2000万円からとなります。