クルマの事故はいつ、どこで起こるかわかりません。では、街中に点在する公共物の電柱やガードレール、ミラーや標識を事故によって破損させてしまったとき、一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか。

公共物を破損させてしまった場合の賠償額は?

 クルマの事故はいつ、どこで起こるかわかりません。ほかのクルマとの事故や所有物などを破損させてしまった場合は、相手との過失割合や保障について話し合い弁償しなければなりません。

 では、街中に点在する公共物の電柱やガードレール、ミラーや標識を事故によって破損させてしまったとき、一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか。

 街中に点在する公共物は、「市や街が再度作り直せば良いので弁償しなくても良い」「そのまま走り去れば誰が壊したかわからない」というわけにはいかず、破損した場合は修理や工事に関わるさまざまな費用が事故の当事者に請求されます。

 実際に公共物を壊してしまった場合、どれほどの賠償額になるのでしょうか。日本損害保険協会が提供しているデータをもとに紹介します。

 ガードレール(1mあたり)は、「5000円から数万円」と長さに比例して金額が変化します。また、高速道路の場合、特殊な加工や工事などが必要にるため、通常の価格より高額になる可能性があるようです。

 信号機は「30万円から300万円とされています。こちらも横断歩道用の信号機や3色信号機など、種類によって金額が異なります。場合によっては、信号機本体の賠償額に加えて信号柱や制御盤の金額、設置のための工事費用が加算されるため、かなりの金額になります。

 電柱の場合は、「数万円から10万円」と木製やコンクリート製などの素材によって金額が異なります。

 また、電柱だけではなく電線が切断されたり、電線に関係する設備が破損した際の金額が加わることもあり、送電が停止されたことによる賠償金などが加算されれば、相当な額が請求されることも考えられます。

 カーブミラーや街灯は「数万円から」となっていますが、いずれも本体に加えて、工事費用のほかに各種手数料などが加算されることが想定され、結果としては数倍の金額になる可能性もあります。

 交通標識は、「数万円から」とやや曖昧ですが、種類が多く、小さいものから大きいもの、案内標識や電光のものなどがあり、場合によっては想像以上の金額になってしまうこともあるようです。

 損傷の程度や過失の割合によって、実際の請求額は大きく変化することがほとんどですが、公共物を破壊したことで請求される金額は、高額になることが予想されます。

公共物破損の事故を起こしてしまった場合、取るべき行動とは?

 事故により公共物を破損させてしまった場合、どのような行動を取るべきなのでしょうか。

 はじめに、ドライバーは二次被害や歩行者を防止し、ほかのクルマの交通の妨げにならないように自身のクルマを移動しなければなりません。現場の状況保存のためにクルマをそのままにしておくことは、危険な行為です。

 また、クルマが走行できる状態である場合は、可能なかぎり安全な場所まで移動させましょう。走行が不能な状態の場合は、三角板や発煙筒を設置して周囲に危険を知らせることが大切だといえます。

 これらは、道路交通法の第72条1項に含まれており、事故を起こしたドライバーは把握と理解をして措置をしなければなりません。

 次に、各方面に連絡をします。けが人などがいる場合は、救護対応ならびに救急への連絡が優先され、物損事故であれば最初に警察に事故に関する詳細を報告します。伝える内容は、発生日時や場所、死傷者の有無や破損した物、程度などに加えて事故を起こしたクルマや事故の状況などです。

 さらに、ガードレールや標識など公共物の所有者への連絡になりますが、現場に到着した警察から所有者へ連絡がおこなわれるケースもあります。

 ちなみにガードレールは、国や都道府県、市町村などの道路管理者に連絡します。電柱は電力会社や電話会社、標識、信号機などは公安委員会や道路管理者となります。

 万が一、事故によって公共物を破損させた場合には、迅速に適切なところへ連絡することが大切です。