トヨタのSUV「ライズ」「C-HR」「RAV4」は、2019年11月に国内のSUV販売ランキングでトップ3を独占する人気ぶりを見せています。それぞれの車種の魅力は、どのようなものなのでしょうか。

「ライズ」の登場でトヨタのSUVの人気は確実となった?

 2019年11月の国産SUV市場において、販売台数上位を占めているモデルは「ライズ」「C-HR」「RAV4」の3車種で、いずれもトヨタ車です。

 トヨタのSUVが販売好調となっているいま、それぞれのモデルにはどのような違いがあるのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会が発表する2019年11月の登録車販売ランキングにおいて、SUVの販売首位となったのはライズです。

 ライズは2019年11月5日に発売されたモデルで、同日に発売されたダイハツ「ロッキー」のOEMモデルとなります。

 SUVで2位を獲得したのはC-HRで、このモデルも2019年10月18日にマイナーチェンジを受けたばかりです。登場自体は2016年で、発売から約3年が経った後におこなわれた初のマイナーチェンジでした。

 3位を獲得したRAV4は、2019年4月10日に発売されたモデルで、この3台のなかではもっとも車格が上のクルマです。

 RAV4は2019年上半期(4月から9月)においては国内でもっとも販売台数の多いSUVとなったほか、2019年12月6日には第40回2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーとなり、「今年を象徴する1台」の称号も獲得しました。

 販売好調なトヨタのSUV3台は、それぞれどのような違いがあるのか、比較します。

 ライズのボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmと、国産コンパクトカーの売れ筋モデルに近い全長4m級のコンパクトボディが特徴です。

 そして、C-HRは全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mm、そしてRAV4は全長4600mm×全幅1855mm×全高1685mmと、3モデルの全長は約300mmずつ大きくなる関係にあるといえます。

 また、全高においてはC-HRが唯一1550mmで、機械式立体駐車場の高さ制限が「1550mm以下」の場合も入庫できるのが特徴です。

 外観においては、ライズとRAV4が角張った面が強調されたデザインとなっている一方、C-HRは曲面が多用されていることも違いとして挙げられます。しかし、3台ともツリ目のヘッドライトが採用されており、精悍な印象を与えている点は共通しているといえるでしょう。

 なお、ライズのデザインは開発をおこなったダイハツが担当していますが、トヨタのSUVラインナップの1台として違和感のない外観を実現している点は、特筆すべき点といえるでしょう。

「C-HR」「RAV4」はハイブリッド仕様を用意! 燃費の良さはどれぐらい?

 3台に搭載されるパワートレインには、どのような違いがあるのでしょうか。

 ライズに搭載されるのは、1リッターガソリンターボエンジンで、トランスミッションはCVTが組み合わされます。

 C-HRには、1.2リッターガソリンターボエンジンと1.8リッターハイブリッドのいずれかが搭載されます。トランスミッションは、CVT(ハイブリッドは電気式無段変速機)のほかに、1.2リッターのみにMTが設定されました。

 RAV4に搭載されるパワートレインは、2リッターガソリンエンジンと、2.5リッターハイブリッドのふたつです。トランスミッションは全車CVT(ハイブリッドは電気式無段変速機)となります。

 駆動方式は、各車に2WDと4WDの設定がありますが、RAV4はグレードによって3種類の4WDシステムが組み合わされ、なかでも「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は世界初のシステムとなります。

 WLTCモード燃費(2WD仕様の数値)は、ライズが18.6km/L、C-HRが15.4km/Lから25.8km/L、RAV4が15.8km/Lから21.4km/Lです。

 一般的にボディは小さい(軽量である)ほど燃費は良い傾向にあるのですが、C-HRとRAV4はハイブリッド仕様を用意していることから、ライズに対して燃費は有利となっています。

 車両価格(消費税込)は、ライズが167万9000円から228万2200円、C-HRが236万7000円から309万5000円、RAV4が265万6500円から388万8500円です。

※ ※ ※

 ダイハツが開発を担当したライズは、軽自動車などの下位車種からのアップサイジングと、上級車種からのダウンサイジングを狙って企画されたクルマであると、同社は説明しています。SUVより、どちらかというとコンパクトカーに近い全長3995mmのボディサイズが、そのコンセプトを象徴しているといえるでしょう。

 一方、C-HRは曲面が多くクーペ風のシルエットを持つ点など、個性的なデザインが特徴です。また、RAV4はワイルド感のある外観が特徴といえます。

 3車それぞれに独自の魅力があることが、トヨタが国内のSUV市場において盤石な体制を築いている要因といえるでしょう。