マツダ「CX-5」と「CX-8」の商品改良がおこなわれ、走行性能と利便性が向上します。さらにCX-8では、内外装のデザイン変更も実施されました。

CX-5とCX-8の走行性能や利便性が向上!

 マツダのSUV「CX-5」と「CX-8」の商品改良がおこなわれ、CX-5は2020年12月3日、CX-8は12月17日に発売されます。

 今回の商品改良では、両車ともに走行性能と利便性が向上しました。

 走行性能については、2.2リッターディーゼル車の最高出力が、従来モデルの190馬力から200馬力にアップ。これにより、高速道路への合流や追い越し加速シーンでのパワフルな走りが強化されています。

 また、アクセルペダルの操作力を最適化することで、強力なトルクを精度よく、加減速コントロール性をより意のままにコントロールできるような改善が施されました

 また、ガソリン車とディーゼル車の「SKYACTIV-DRIVE(6AT)」は、エンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートすることで、アクセル操作に対する応答性をより高め、素早く加速したいシーンで、ドライバーの意図に応じた軽快な走りを実現しています。

 利便性の向上では、センターディスプレイのサイズを、従来の8インチから8.8インチもしくは10.25インチに拡大しています。

 さらに、すべての機種に車載通信機を標準装備とし、コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や緊急通報サービスの提供などにより、さまざまな場面でユーザーをサポートする機能が設定されました。

※ ※ ※

 CX-8においては、内外装のデザインも変更されました。

 外観は、上位グレードの「L Package/Exclusive Mode/100周年特別記念車」のフロントグリルの形状を変更。よりエレガントな質感を表現。

 さらに、新たなボディカラーとして「プラチナクォーツメタリック」が専用設定されます。

 最上位グレード「Exclusive Mode」は、専用装備として19インチアルミホイールのデザインを変更。フロントバンパー下部やサイドスカート部にガーニッシュを付し、テールパイプはエンド部の径を広げることでワイド感を演出するなど、細部に手を加えました。

 内装は、シートにサイドキルティングを施しソフトな質感を際立たせるモダンな作りこみを実現。なお、Exclusive Modeではインパネにハニカムシルバーを加飾しています。

 また、リアバンパ―中央下部に足を出し入れするとリアゲートが自動開閉する「ハンズフリー機能付きパワーリフトゲート」の設定や、フロントコンソールにスマートフォンを置くだけで充電可能なQi規格対応ワイヤレスチャージャーを設定。安全面では、全グレードに「360°ビューモニター」を標準装備しました。

 価格(消費税込)は、CX-8が299万4200円から510万9500円、CX-5が267万8500円から414万1500円です。