米国で毎年開催される世界最大級のカスタムイベントとなる「SEMAショー」。トヨタは例年、度肝を抜くカスタムモデルを展開しています。そのなかで、2015年に北米市場で人気のピックアップトラック「タンドラ」をベースにしたタンドラリムジンなるものがお披露目されました。

北米市場で人気の「タンドラ」をリムジン化

 トヨタの北米法人は、2015年11月3日に開催された世界最大級のカスタムイベントとなる「SEMAショー」にて、北米市場で人気を誇るピックアップトラック「タンドラ」の8ドアリムジン仕様「Tundrasine」をお披露目しました。
 
 まさに世界最強のタフガイリムジンといえる「Tundrasine」とは、どのようなカスタムモデルなのでしょうか。

 初代タンドラは、かつて北米市場でトヨタが販売していたピックアップトラック「T100」の後継車として、2000年に登場しました。

 3代目となる現行モデルは2013年に登場。2015年のSEMAショーで公開された、Tundrasineは現地で設定される「1794 エディション」をベースに開発。パワートレインは、ベースと同じ5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載しています。

 ベース車のボディサイズは、全長5814mm×全幅2030mm×全高1925mmのフルサイズピックアップトラックです。

 しかし、Tundrasineは全長8100mm(+2291mm)、ホイールベース5991mm(+2291mm)に延長しています。

 エクステリアは、ミッドナイトブラックメタリックに塗装され、8つのドアを装着。

 インテリアは、高級プライベートジェット機のコックピットや乗客用コンパートメントをイメージしたブラウンレザーを採用した機能的で極上のリムジンとなっています。

 トヨタの北米法人のマーケティングマネージャー・スティーブ・アペルバウム氏は、次のように述べています。

「SEMAは、タンドラを最大限に活用して最高峰に変えるこのコンセプトカーをデビューさせるのに最適なイベントです

 これまでにも多くのリムジンを見たことがありますが、『Tundrasine』のようなリムジンはありませんでした」

※ ※ ※

 日本でもレンタルリムジンなどで、ハマー「H2」やクライスラー「300」などが存在しますが、ピックアップベースのリムジンは珍しい存在です。