現在、人気のSUVのなかでも、オンロード性能に特化したクロスオーバーSUVが主流です。一方で、かつては日本でも本格的なクロスカントリー4WDが数多く存在しましたが、現在は激減。しかし、海外ではスタイリッシュなクロカン車が多数生き残っています。そこで、日本では販売されていない海外専用のクロカン車を、5車種ピックアップして紹介します。

海外で販売されている日本のクロカン車を振り返る

 近年、世界的にも人気が高いSUVですが、なかでも都会的なデザインでオンロード走行に特化したクロスオーバーSUVが主流です。

 日本でもコンパクトなモデルからミドルクラスまで、数多くのクロスオーバーSUVがラインナップされています。

 一方で、1990年代初頭の日本では「RVブーム」が起こり、各メーカーから本格的なクロスカントリー4WD車(以下、クロカン車)が販売されていましたが、ブームの終焉とともに激減してしまいました。

 しかし、現在も日本のクロカン車は海外で活躍しており、なかには日本で販売しても人気となりそうなモデルも存在。

 そこで、日本では販売されていない海外専用のクロカン車を、5車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「ランドクルーザー70 トゥループキャリア」

 日本を代表するクロカン車であるトヨタ「ランドクルーザー」シリーズは、コンセプトによって「ステーションワゴン」「ライトデューティー」「ヘビーデューティー」の3つに分類されます。

 現行モデルでは、ステーションワゴンが「ランドクルーザー200」、ライトデューティーが「ランドクルーザープラド」、そしてヘビーデューティーが「ランドクルーザー70」です。

 なかでもランドクルーザー70は1984年に誕生し、高い悪路走破性と耐久性が評価され、現在もフルモデルチェンジされないまま改良が続けられ、中東やオーストラリア、アフリカなどで人気の、超ロングセラーモデルとなっています。

 仕向け地によってエンジンや装備が異なる仕様が存在しており、ボディタイプのバリエーションも多く、日本でもワゴン(商用バン登録)とピックアップトラック(ダブルキャブ)が、2014年に期間限定で再販されて話題となりました。

 さらに、とくにユニークなボディタイプとして「トゥループキャリア」が存在します。

 トゥループキャリアとは「兵士を運ぶクルマ」という意味で、ステーションワゴンタイプの2ドアボディにバックドアは観音開きとなっており、スタンダードモデルではリアにバスのような横向きシートが向かい合わせで設置されているのが特徴です。

 また、荷室部分はさまざまなアレンジができ、通常のシートへの換装や、すべて荷室とすることもでき、働くクルマとして世界各地で活躍しています。

 なお、2021年3月31日に、このランドクルーザー70 トゥループキャリアは、世界保健機関(WHO)からワクチン保冷輸送車として、世界で初めて認証を取得しました。

●日産「テラ」

 日産「テラ」は、2018年から中国をはじめ、フィリピン、インドネシア、タイなど、東南アジアを中心に販売されているSUVで、ピックアップトラック「ナバラ」のラダーフレームをベースに開発されたクロカン車です。

 ステーションワゴンタイプのボディは全長4885mm×全幅1865mm×全高1835mmとランドクルーザープラドと同等のサイズで、フロントフェイスに日産のデザインコンセプトである「Vモーショングリル」が採り入れられています。

 力強さを誇示するフロントフェンダーの造形やドアからリアフェンダーに続くラインによって、本格的なクロカン車らしいタフさと都会的なイメージのデザインを融合。

 室内は3列シートを備えた7人乗りで、実用性の面でも優れています。

 搭載されるエンジンは、最高出力190馬力の2.3リッター直列4気筒ツインターボディーゼルで、クラス最高レベルの加速性能を発揮。組み合わされるトランスミッションは7速ATのみ、駆動方式は2WDと4WDが設定されています。

 また、各種安全装備に加えヒルスタートアシストとヒルディセントコントロールを装備し、悪路走行時におけるコントロール性も良好です。

●三菱「ショーグンスポーツ」

 前述のRVブームのころ、三菱は「パジェロ」のラダーフレームをベースに、より洗練されたデザインのボディを架装した「チャレンジャー」をラインナップしていました。

 日本では2001年に販売を終えましたが、海外では「パジェロスポーツ」の名で販売が継続されており、現行モデルは2019年にビッグマイナーチェンジされた3代目です。そして、イギリスでは「ショーグンスポーツ」の名で人気を博しています。

 ショーグンスポーツはオフロードでの高い走破性や耐久性、信頼性を備えていながら、スタイリッシュなデザインと快適性を併せ持ったクロカン車です。

 外装はピックアップトラックの「トライトン/L700」のラダーフレームに、ステーションワゴンタイプのボディを架装。フロントフェイスに三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、ボディサイズは全長4785mm×全幅1815mm×全高1800mmのミドルサイズです。

 室内は3列シートの7人乗りで、3列目シートを倒すと十分な荷室が確保できます。

 搭載されるエンジンは最高出力181馬力の2.4リッター直列4気筒ターボディーゼルで、組み合わされるトランスミッションはショーグンスポーツでは8速ATのみですが、ほかにも5速AT/6速MT/5速MTを仕向け地やグレードによって設定。

 また、イギリス仕様の特徴として、2シーターの商用モデル「ショーグンスポーツ コマーシャル」をラインナップしています。

 日本では2019年にパジェロが終売となってしまったので、ぜひショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)の導入を期待したいところです。

海外で生き残ったいすゞのSUVとジムニーの意外な派生車とは

●いすゞ「mu-X」

 現在いすゞは中大型のトラックメーカーとして知られていますが、2002年までは乗用車を販売しており、最後の自社製モデルだったのが「ビッグホーン」や「ミュー」といったクロカン車でした。

 しかし、いすゞは日本での乗用車販売を終了した後も海外ではピックアップトラックを販売しており、2014年にはピックアップトラック「D-MAX」のラダーフレームをベースに開発されたクロカン車の「mu-X(ミューエックス)」を発表。現在はタイ、オーストラリア、フィリピンなどで販売されています。

 ボディサイズは全長4825mm×全幅1860mm×全高1860mmと、ミドルクラスSUVとしては標準的なサイズで、外観はアグレッシブなデザインのフロントフェイスに対しスマートな印象のサイドラインが特徴で、張り出した前後フェンダーは力強さを表現しています。

 搭載されるエンジンは、最高出力177馬力の3リッター直列4気筒ターボディーゼルを基本とし、駆動方式は2WDと4WDを設定。

 mu-Xは日本で販売されていないにもかかわらず、2014年度グッドデザイン賞を受賞するなど、今も国内のいすゞファンから注目される存在です。

●スズキ「ジムニー ライトコマーシャル・ヴィークル」

 現行モデルのスズキ4代目「ジムニー」は、今も納車まで1年ほどかかるスマッシュヒットを続けています。

 また、開発当初からグローバルでの展開を想定しており、日本における登録車の「ジムニーシエラ」は左ハンドルも設定。すでに欧州や中南米、中東、アフリカなどでジムニーの名で発売され人気となっています。

 国内のジムニーはマイナーチェンジや年次改良、グレード拡充などの動きはありませんが、欧州では2020年9月に早くも日本で販売されていない派生車が登場。

 それが「ジムニー ライトコマーシャル・ヴィークル」です。

 その名のとおり商用車として開発されたモデルで、室内はリアシートを撤去して後席部分は863リッターを誇る大容量の荷室となっています。

 また、フロントシートと荷室の間には、荷崩れしても安全な格子状のパーテーションを設置。荷室はフラットな床面を採用するなど実用性が考慮されています。

 外観はジムニーシエラの廉価グレード「JL」とほぼ同じで、エンジンや駆動系のスペックは変わっておらず、先進安全技術も標準装備されています。

 ジムニー ライトコマーシャル・ヴィークルは、キャンプなどのアウトドアレジャーやアウトドアスポーツに最適なモデルとして、日本でも需要があるのではないでしょうか。

※ ※ ※

 日本において本格的なクロカン車は、その性能をフルに発揮できる機会は極めて少ないです。

 むしろ、燃費が悪い、うるさい、乗り心地が悪い、高速性能や直進安定性が劣るなどネガティブなイメージもあります。しかし、現代のクロカン車は改良が進んでおり、ひと昔前のモデルとは比較にならないでしょう。

 さらに機能美という点ではスポーツカーに通じる部分があり、オーバースペックなところも大いに魅力的に思えてしまいます。