中国のSNSで「クラウンクルーガー(中国名:皇冠-陸放)」なるトヨタの新型SUVに関する情報が拡散されました。噂の次期型クラウンとの関係性はどうなっているのでしょうか。

中国SNSで話題の新型SUV「クラウンクルーガー」とは?

 2021年4月10日、中国の自動車メディアや微博(ウェイボー)などのSNSで「クラウンクルーガー(中国名:皇冠-陸放)」なるトヨタの新型SUVに関する情報が拡散されました。
 
 クラウン×SUVといえば、2020年末に話題となった「次期型クラウンはクロスオーバー化するのか?」という報道です。
 
 今回のクラウンクルーガーとは、どのようモデルなのでしょうか。

 ボディの写真やスペックなどは、日本でいうところの経済産業省や総務省の業務を扱う「中華人民共和国工業情報化部(通称:工信部)」に届出された情報です。

 中国では、自動車メーカーが新型車を正式発表する前に新車の情報を工信部に届け出る必要があり、工信部が掲載する情報を元にどのようなクルマが発表を控えているかなどを事前に知ることができてしまうシステムとなっているのです。

 今回、話題となっているクラウンクルーガーの情報を見ていくと、製造・販売は中国の第一汽車との合弁会社「一汽トヨタ」が担当することがわかります。

 気になるのは「クラウン」の名前が冠されていること。

 これは、一汽トヨタがクラウンを製造・販売してきたことに関わります。

 残念ながらクラウンは、セダン車への人気の低下、や「アルファード/ヴェルファイア」への中国市場での人気もあってか、中国国内での生産は2020年4月にその17年の歴史に幕を下ろしました。

 しかし、今回の新型SUVの登場により、クラウンクルーガーでクラウンの名前が復活したことになります。

 エクステリアのデザインはアメリカ合衆国などで既に販売されている「ハイランダー」のスポーツグレード「ハイランダー XSE」と九分九厘共通しています。

 違う点は、フロントのトヨタエンブレムがクラウンでお馴染みの王冠エンブレムや、クラウンクルーガーの車名エンブレムが取り付けられている点ぐらいです。

 さらに詳細なスペックを確認すると、現在すでに販売されているハイランダーのハイブリッドモデルとほぼ変わらないということがわかります。

 ただ、エンジン形式の欄には既存のハイランダーのみならず、クラウンや「カムリ」、「RAV4」などにすでに搭載されている「A25A」エンジンではなく、「A25F」という謎の名前が記載されており、こちらはトヨタが開発したダイナミックフォースエンジンである「A25A」エンジンに近いバリエーションと考えられますが、詳細は不明です。

 ちなみに、中国で2021年5月に発売が予定されている中国向け「RAV4 PHV」も同じA25Fエンジンを搭載することが届出された情報をもとに判明しています。

 このリークがなされる数日前には中国向けの新型ハイランダーが同じ方法でリークされており、こちらは先代モデル同様、広州汽車との合弁会社「広汽トヨタ」が製造・販売を担当します。

 中国でふたつの合弁会社を展開するトヨタは異なるエクステリアデザインを持つモデルを姉妹車として、それぞれの会社から今までもモデルをリリースしてきました(例:一汽トヨタ「カローラ」と広汽トヨタ「レビン」、一汽トヨタ「イゾア」と広汽トヨタ「C-HR」など)。

 今回の新型クラウンクルーガーもハイランダーの姉妹車という立ち位置になり、ハイランダーとともに2021年4月19日から上海で開催される上海モーターショーで正式に発表される予定です。

このクラウンは話題の次期型モデルではない!?

 ベースがハイランダーとはいえ、クラウンの名前を冠する初のSUVには間違いありません。

 クラウンクルーガーの中国名「皇冠-陸放」にもクラウンの中国名「皇冠」が含まれています。

 ちなみに初代クルーガーは2000年から2007年に日本でも販売されていました。

 日本での販売は初代のみでしたが、ハイランダー自体はアメリカで2019年に発表された現行モデルで4代目となり、オーストラリアでは現行モデルのハイランダーもクルーガーという名前で販売されています。

 なお、昨今、クラウンの名前を冠するSUVが話題となっていますが、筆者(加藤ヒロト)は今回のクラウンクルーガーが、日本で発売予定の次期型クラウンとは関係ないと考えています。

 今回のクラウンクルーガーは、ただのハイランダーの姉妹車にしかすぎず、すでにハイランダーが発売されている北米にクラウンクルーガーを投入する理由はないと思われるからです。

 このことからも、「次期型クラウン」と「中国向けのクラウンクルーガー」は別物だろうというのが筆者の見立てです。

 近日発表予定のクラウンクルーガーは一汽トヨタで不在のハイランダーの姉妹車、そしてクラウンポジションの車種の両方を補う目的があるでしょう。

 そのため、2020年に中国で生産終了したクラウンの名前を引き継いだと思われます。

 いずれにせよ、少なくとも中国市場での次期型クラウンはセダンではなく、このクラウンクルーガーになるでしょう。

 微博(ウェイボー)などのSNS上でも同時に発表される広汽トヨタのハイランダーよりも一汽トヨタのクラウンクルーガーのほうがカッコ良いという意見が多く見られ、すでに発売を楽しみにするファンの間で大いに盛り上がっています。

 両車種とも正式発表は、前述の上海モーターショー2021にておこなわれると見られます。

 一汽トヨタからの正式発表を楽しみに待つことにしましょう。