2021年4月19日、トヨタは「上海モーターショー2021」にて電気自動車(EV)の新型「bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプトモデルを世界初公開しました。また、同時にトヨタが今後展開するEV戦略やそれに基づく「bZシリーズ」についても明かしています。

トヨタ新型EV「bZ4X」を世界初公開!

 トヨタは、2021年4月19日に開催された「上海モーターショー2021」にて、電気自動車(EV)の新型「bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプトモデルを世界初公開しました。

 新型bZ4Xは、トヨタの「bZシリーズ」第一弾のEVで、パートナーのひとつであるスバルとの共同開発によるSUVタイプのEVです。

 トヨタとスバルで共同開発したe-TNGA EV専用プラットフォームを採用。

 電動化を得意とするトヨタ、すぐれたAWD技術を持つスバルが互いに強みを持ち寄り、快適かつ楽しめる走りを実現するEVとして、以下のような特徴を有しています。

 EV専用プラットフォームによる、ショートオーバーハング・ロングホイールベース化により、特徴的なスタイリングと、Dセグメントセダン並みの室内空間を実現。

 操舵時に持ち変える必要がなく、広々としたスペースの演出にも寄与する異形ステアリングホイールと、意のままにスムーズな運転感覚をもたらすステアバイワイヤを採用しています。

 低いインストルメントパネルやステアリングホイール上方に配置したメーターによる開放感や視認性の向上とともに、さらに安心・安全なドライビングに貢献。

 スバルと共同開発した新AWDシステムを採用して、電動車ならではの素早いレスポンスを生かした安全で気持ちの良い走りと、高い走破性を実現しています。

 回生エネルギーの活用に加え、停車中も賢く充電をおこない、EVならではの環境性能をさらに上積みする、ソーラー充電システムを採用。冬場などでもユーザーに不便を感じさせない航続距離を確保しました。

 なお、新型bZ4Xは、日本と中国での生産を予定しており、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画です。

 新型bzコンセプトについては、同社執行役員兼トヨタZEVファクトリー本部長の前田昌彦氏は次のように述べています。

「bZシリーズについては、お客さまのニーズに応じたさまざまな大きさ・スタイルのEVを導入することはトヨタだけでは困難であることから、それぞれ得意分野を持つパートナーの皆様と共同で開発を進めています。

 再生可能エネルギーを促進するエネルギー政策と連携することで、販売する各地域でお客さまの選択の幅を広げ、一層のCO2排出量削減につなげたいと考えています。

 トヨタは、電動車のフルラインアップ化の一環として2025年までにEV15車種を導入する計画を推進中で、そのうち新シリーズTOYOTA bZについては7車種を導入する計画です。その第一弾はスバルとの共同開発した新型bZ4Xとなります」

※ ※ ※

 これまでトヨタは、ライフサイクル全体でのCO2排出量削減という命題を踏まえつつ、EV導入にはEVならではの特長を生かすため、ふたつの方向性で導入しています。

 ひとつは、「Mobility for All(すべての人に移動の自由を)」の実現に向け、電池のリユース・リサイクルの事業化やユーザー向けのサービスなど、新しいビジネスモデルの構築を進めながら少人数・近距離の利用に焦点を置き、容量の小さな電池を搭載する超小型EVで、2020年12月に導入した「C+pod」がこのタイプにあたります。

 ふたつめのbZシリーズは、中国・米国・欧州など、EVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多い地域で、多くのお客さまに受け入れていただけることを目指しているEVです。

 bZは、「beyond Zero」の略で、単なるZero Emissionを超えた価値をお客さまにお届けしたいという想いを込めたといいます。