中国における三菱の合弁企業である広汽三菱は、2021年4月19日に電気自動車の新型SUVとなる新型「エアトレック」のデザインを世界初公開しました。エアトレックの名称が復活するのは16年ぶりとなります。

力強い走りを予感させる外観デザインを採用

 三菱の中国における合弁企業である広汽三菱は、2021年4月19日に開幕した上海モーターショー2021にあわせて新型「エアトレック」のデザインを世界初公開しました。

 エアトレックは2005年まで「アウトランダー」の日本仕様に用いられていた名称で、およそ16年ぶりの復活となります。

 中国市場で販売される新型エアトレックは、電気自動車の新型SUVとして登場。

 外観は「Electric(電気自動車の「電気」)」「Expanding(カーライフの「拡張」)」「Expressive(三菱らしさの「表現」)」という3つのキーワードからなる「“e”-cruising SUV」というコンセプトを元にデザインされています。

 三菱車の共通フロントフェイス「ダイナミックシールド」に代表されるデザインアイデンティティを取り入れ、力強い走りを表現するスタイリングとなりました。

 三菱のグローバルマーケティング&セールス担当のジョン・シグノリエロ氏は次のようにコメントします。

「新型エアトレックは、自由に冒険をするという意味を込めたSUVです。また中国専用の電動車で、広汽三菱が現在販売する三菱ブランドの4車種目として、2021年内に発売を予定しています。

 中国における電動車ラインナップを拡大し、持続可能なモビリティ社会の実現に向けて貢献してまいります」