年度末の決算月である3月の各社は、登録台数を伸ばすために営業活動に力を入れるため、販売台数が伸びる時期です。しかし、トヨタ「カローラ」の前年同月比が100%を下回る77.6%という結果になりました。なぜカローラの台数は伸び悩んだのでしょうか。

期末決算の3月に前年比100%超えなかったカローラ

 値引き額が大きくなる年度末となる3月は、クルマの販売店にとっても勝負の月です。
 
 とくに、登録車においては3月末までに登録手続き(ナンバー取得)がおこなえるように営業ラッシュを掛ける時期でもあります。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した販売台数ランキングのデータによると、2021年3月の登録車販売台数トップ5は、1位トヨタ「ヤリス」(2万8466台)、2位トヨタ「ルーミー」(1万6504台)、3位トヨタ「アルファード」(1万3986台)4位日産「ノート」(1万6352台)、5位トヨタ「カローラ」(1万2667台)となっています。

 販売台数だけを見ると、どの車種も1万台以上の台数を売り上げ、同年1月、2月よりも販売台数が増えました。

 しかし、前年同月比の数字を見てみると、1位ヤリス(216.2%)、2位ルーミー(170.1%)、3位アルファード(177.4%)、4位ノート(121.4%)、5位カローラ(77.6%)となっています。

 数値からも分かるようにカローラだけは、2020年3月よりも販売台数が伸びていません。

 自販連の公表データでは、カローラ(セダン)、カローラツーリング(ワゴン)、カローラスポーツ(ハッチバック)、先代モデルかつビジネス向けとなるカローラアクシオ(セダン)、カローラフィールダー(ワゴン)、教習車などの合算した台で算出されています。

 カローラシリーズとして、多様なラインナップを展開しているにもかかわらず、前年同月比で8割を下回っている要因とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 トヨタ販売店の担当者は、販売台数が伸びなかった理由を次のように話します。

「カローラシリーズは、前年の同じ月よりも販売台数が伸びなかったのは事実です

 ただし、人気がなくなったり、マイナーチェンジなどの改良を控えていたりしているわけではありません。

 もしかしたら、2021年の秋頃から発売を予定しているカローラクロスのデビューを待っているため、販売台数が伸びなかったのかもしれません」

 また、別の販売店では次のように話しています。

「カローラシリーズは、安定した人気を誇っています。しかし、近年の売れ筋はトヨタでいえばコンパクトカーやSUVです。

 また、カローラとツーリングが発売された2019年9月以降にトヨタでは11月にライズ、2020年2月にヤリス、6月にハリアー、8月にヤリスクロス、9月にGRヤリス、12月にミライとさまざまな新型モデルを発売しています。

 さらに、RAV4 PHVの追加やタンクと統合したルーミーのマイナーチェンジなど、新たな話題が豊富でした。

 そうしたなかで、カローラとツーリングは最近の新車市場では人気が高いとはいえないセダンとステーションワゴンを柱としていることもあり、前述の新型モデルよりは勢いはないともいえます」

※ ※ ※

 カローラシリーズは、トヨタを代表する車種ブランドですが、近年のSUV人気などによりかつてほどの勢いはないといえるかもしれません。

 ただし、合算台数といっても登録車の販売上位にランクインすることは、人気と実力は健在だともいえるようです。

販売戦略が変化しているトヨタ

 最近のトヨタでは、新型モデルラッシュといえる状況ですが、販売戦略でも大きな変革期を迎えています。

 2018年11月には、全販売店全車種併売化を原則とし、販売ネットワークの変革をすると公表しました。

 トヨタの販売チャネルは、「トヨタ店」、「トヨペット店」、「カローラ店」、「ネッツ店」の4チャネルを展開。これまでは、各チャネルに専売モデルを設ける戦略をとっていましたが、2020年5月以降はすべての店舗で全車種を扱うように変わっています。

 また、販売ネットワークの変革を公表した当初は、2022年から2025年を目処に全車種併売化へ移行するとしていましたが、2019年6月の発表で2020年5月から全車種併売化を前倒ししました。

 そのため、現時点で「トヨペット店」の看板を掲げている店舗でも、カローラシリーズやクラウンなどを購入できます。

 全車種併売化について、前出のトヨタ販売店の担当者は、次のように話します。

「今は、どこの店舗でも全トヨタ車を購入できます。しかし、カローラ店であれば、カローラを長年にわたり取り扱ってきた経験や実績があるため、カローラのことなら何でもお答えできる自信があります。

 全店舗全車種取扱になっても、それぞれの店舗で得意としている車種があると思うので、取扱実績が長い店舗で購入したほうが安心だと思います」

※ ※ ※

 近年のトヨタは、前述のように新型モデルラッシュ、販売チャネルの変革、サブスクリプションサービスのKINTOなど、さまざまな戦略を打ち出しています。

 そのため、カローラシリーズ単体で見ると台数が増えるとされる年度末での前年比割れが気になるものの、トヨタ全体で見れば好調を維持しているといえるのです。