2021年4月19日に開幕した上海モーターショー2021で、日産は新型「エクストレイル」を世界初公開しました。中国仕様はVCターボエンジンを搭載しますが、欧州仕様にはe-POWERが搭載されるようです。

ついに新型エクストレイル世界初公開!

 2021年4月19日に開幕した上海モーターショー2021において、日産は新型「エクストレイル」を世界初公開しました。

 すでに北米での兄弟車「ローグ」の新型モデルが2020年秋に発売されていますが、新型エクストレイルの詳細は明らかになっていませんでした。

 新型エクストレイルはどのようなモデルとして登場するのでしょうか。

 上海モーターショー2021で初公開された中国仕様の新型エクストレイルは、新しい第2世代のCMF-Cプラットフォームをベースとし、北米の新型ローグと同様のダイナミックで力強いエクステリアへと進化。

 大型のダブルVモーショングリルや上下2段に分かれたLEDヘッドランプ、大径の19インチホイールを装着し、現行モデルよりも迫力が増した印象です。

 その一方、内装は洗練されたデザインを実現。ソフトパットや木目調のパーツを組み合わせた上質な室内が広がっています。

 インパネ中央にはフローティングタイプの大型ディスプレイを装着。センターコンソールの下に収納スペースを用意するなど、使い勝手が向上しました。

 シートは3列シートを装着して7人乗りを実現。進化した「プロパイロット」も備わり、高速道路における長距離運転のストレスをより軽減します。

 中国仕様の新型エクストレイルのパワートレインは、1.5リッター3気筒のVCターボエンジンが搭載されるようです。

 VCターボエンジンとは、日産が世界で初めて開発した可変圧縮比エンジンです。必要に応じて圧縮比を変化させ、高効率なドライビングや低回転域でパワーを実現します。

 中国仕様の新型エクストレイルのターボエンジンは最高出力150kW(約204馬力)、最大トルク300Nmを発揮。

 日本仕様の現行モデルが2リッターガソリン搭載で147馬力、207Nmであることを考えると、かなりパワーアップしているといえそうです。なお、トランスミッションは新開発のCVTが組み合わされます。

 SUVに求められる四駆性能も進化しました。新型エクストレイルには第2世代の4×4-iインテリジェントフルモード4輪駆動を搭載。最低地上高は212mmを確保し、悪路走破性も向上しているようです。

 中国市場への投入は2021年下期を予定しています。

※ ※ ※

 中国仕様の新型エクストレイルの公開から数時間後、欧州の新型エクストレイルのスペックが発表されました。

 内外装のデザインは中国仕様や北米の新型ローグと同じですが、欧州仕様は電動パワートレイン「e-POWER」を搭載して2022年夏に発売されることが明らかになりました。

 なお、北米の新型ローグは2.5リッターガソリンを搭載。販売される国によって異なるエンジンが搭載されることになるようです。

 日本で販売されている現行エクストレイルは、2リッターガソリンと2リッターハイブリッドですが、新型エクストレイルについては現時点では何もわかっていません。

 新型エクストレイルには、欧州と同じくe-POWERが搭載されるというウワサもありますが、一体どのような仕様で登場するのか注目が集まります。