一般社団法人 日本自動車工業会は「東京モーターショー2021」の開催中止を発表しました。理由について「安全安心な環境でモビリティの魅力を体験いただけるメインプログラムのご提供が難しい」と説明しています。

東京モーターショー2021の開催中止が決定

 一般社団法人 日本自動車工業会(自工会)は2021年4月22日に記者会見を実施し、豊田章男会長は会見のなかで「東京モーターショー2021」の開催中止を発表しました。

 会見のなかで豊田章男会長は「前回(2019年)のモーターショーでは、モビリティの楽しさを体感できるプログラムを数多く用意し、130万人を超えるお客さまにご来場いただきました。

 今回(2021年)、オンラインも使ったより魅力ある企画を検討してまいりましたが、多くのお客さまに安全安心な環境でモビリティの魅力を体験いただけるメインプログラムのご提供が難しいと判断し、開催中止を決定いたしました」と、今回の経緯を説明しました。

 また、今後について「次回はさらに進化した、東京モビリティショーとしてお届けしたいと思っておりますので、今後ともご支援よろしくお願いいたします」とコメントしています。